スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球原住民の生き残りが日本人(10)

卑弥呼の正体と大和朝廷


天照大神と卑弥呼は同一人物か?


久々のシリーズ更新です。


ついに10回目。


今回は飛騨から大和へ移動した天照大神について、その後を辿って行きたいと思います。


大陸からの侵攻から日本を防衛する為に、飛騨スメラミコト総本家は拠点を大和(現在の奈良県)に移します。


さすがに、飛騨の地から九州北部や出雲の防衛の指揮を執るのは困難と考えたのでしょう。


九州には総本家直系の精鋭部隊。


出雲には弟のスサノオ。


そして天照大神は大和。


こうして、大和朝廷の基礎が構築されていったと推察されます。


さて、皆さんは卑弥呼を御存知だと思いますが卑弥呼の御墓が何処にあるかご存知でしょうか?


残念ながら卑弥呼の御墓は発見されておりません。


卑弥呼の存在は中国の歴史書、魏志倭人伝 で確認する事が出来ます。


しかしながら、邪馬台国 の位置すら判明しておりません。


(写真:魏志倭人伝)


噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


卑弥呼については諸説有りますが中でも、天照大神説が最も有力と思われます。


以下、wikiより一部抜粋します。


中国の史書に残るほどの人物であれば、日本でも特別の存在として記憶に残るはず。


日本の史書編纂者にとって都合が悪い事実であっても何らかの形で記されたはずであり、日本の史書でこれに匹敵する人物は天照大神(アマテラスオオミカミ)しかないとする説。


白鳥庫吉和辻哲郎らに始まる。



(魏の皇帝から卑弥呼が賜ったとされる銅鏡)


噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)



安本美典は、天皇の平均在位年数などから推定すると、卑弥呼が生きていた時代とアマテラスが生きていた時代が重なるという。


また卑弥呼には弟がおり人々に託宣を伝える役を担っていたが、アマテラスにも弟スサノオがおり共通点が見出せるとしている


参考:卑弥呼


参考:天照大神とは誰か

(写真:金印)


噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


卑弥呼=天照大神。


これでは、卑弥呼の御墓も邪馬台国の位置も永遠に公表できないでしょう。


恐らく歴史学者は、自然にこの説に辿りつくと思われますが国家権力によって封印されてしまいます。


何故、そんなに都合が悪いのか?


天照大神を”卑しい巫女”とし、その没後には第10代崇神天皇 によって皇居から御霊を追放。


その後、約100年間もの長きに渡って御霊はさ迷います。


さらに初代天皇とされる神武天皇の古墳の傍に被差別部落民として隔離された人々が暮らしていたのです。


参考:洞付強制移転が問いかけるもの


天照大神を敬う系統の人々が神武天皇陵の周りに集まって出来た集落と推察されます。


現在では、これらの集落は強制移転されて面影はありません。



(写真:奈良県橿原市大久保町 神武天皇陵)



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)



天照大神を崇拝する伊勢派の抵抗を鎮める為に、伊勢神宮の内宮に祀られましたが出雲派が外宮を近くに建立して天照大神よりも先に参拝する様に強制していったと思われます。


出雲派にとって、伊勢派の祖である天照大神を参拝する事はタブーです。


歴代天皇が伊勢神宮に訪れる事が無かった理由が見えてくるのです。


そもそも学術的には、初代神武天皇から9代天皇までは、神話に過ぎないとされています。


つまり、伊勢派は存在したことすら許されません。


そして伊勢派を一掃した崇神天皇こそが、初代とする学説が脚光を浴びているのです。


邪馬台国から大和朝廷へ。


これは、伊勢派から出雲派への権力構造の転換であったと言えるでしょう。


出雲派にとって自らの正当性を保持する為には、伊勢派への弾圧の歴史が公表される事は絶対にあってはならないのです。


そして、伊勢派は徹底的に差別され穢多 (えた)、非人(ひにん) として被差別部落に閉じ込められます。



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


被差別部落は”別所 ”として隔離されます。


その後は、”同和 ”として差別されていく事となります。


古くは太閤秀吉の時代から、半島より連行してきた朝鮮人も同様の境遇となっていくのです。


参考:部落問題


つまり、縄文ルーツの天照大神=伊勢。


弥生ルーツのスサノオ=出雲。


日本という国家は、こうした歴史を背負って歩んできた国なのです。


元々は伊勢派も出雲派も姉と弟の関係です。


どちらが良いとか悪いとか判断は出来ません。


しかしながら、こうした弾圧と差別の歴史は復讐の怨念を生んでしまいます。


この様な歴史的背景が日本という国家を複雑な状態にしているとも言えるでしょう。


残念な事に、この確執は今現在も続いているのです。



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)



日本人のルーツを検証してきた、「地球原住民の生き残りが日本人」は今回で最終回とします。


日本人は渡来人であるという学説が根底から覆されようとしている1万6000年前の縄文土器の発掘。


これまでの検証で、縄文人が野蛮人で渡来人である弥生人によって文明がもたらされたと言う主張には、かなりの矛盾が有る事が判明しました。


もちろん、太田龍の著書「縄文日本文明 1万5千年史」の中で紹介されている山本健造の研究結果を私の個人的な見解を付け加えて得た結論であります。


よって、真実か否かは読者の皆様方のご判断となります。


私は日本人は特異な人種と確信しております。


そして日本人にしか果たせない役割があると信じております。


伊勢派と出雲派の和解を願っております。







スポンサーサイト

惑星ヤハウエは実在するのか?

地球からは絶対に見えないもうひとつの地球


空前絶後の虚言か?それとも真実か?


それにしても、世の中には不思議な話が数多くある。


所詮、文明や科学とは人間の理解の範囲内での事柄であり説明可能な現象を指す。


つまり真実であろうが無かろうが、もっともらしく理論的思考で説明可能であれば定説となる。


しかも権威ある組織から認められなければならない。


権威とは単なる権力組織であり、洗脳組織となんらかわらない。


そう言う意味では、学会も宗教もさほど大差無い事に気がつくであろう。


さて、今回は惑星ヤハウエについて書いてみたい。


このヤハウエは何処にあるのか?


それは、太陽の周りを公転しているとされる地球の軌道と酷似している180度反対側に存在するとされている。



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


つまり、地球から見ると太陽が邪魔して見えないのである。


太陽の裏側にある、もうひとつの地球。


実に、面白い仮説である。


当然、学説的にはもちろん否定されている。


我々の地球からは見えない訳だし、存在の立証も困難である。


即ち、霊魂の様な存在である。


霊魂とて科学的には証明されていない。


このヤハウエだが、古代ギリシャ時代からその存在を囁かれていた。


名前の由来は聖書と関係がある。


参考:ヤハウエ


旧約聖書によるとファラオは、ナイル川に捨てられていたモーゼを養子にする。


モーゼを殺そうとしたのがヤハウエ。


バベルの塔を見て怒ったのがヤハウエ。


地球人から共通の言語を奪ったのもヤハウエ。


YHWHはヘブライ語で旧約聖書の唯一神である。


ヤハウエは惑星ヤハウエから来た神なのだろうか?


別名をクラリオン若しくは、惑星ニビル。


インディアンや、ポピ族にもヤハウエ伝説がある。


ヤハウエ実在説の日本での第一人者は飛鳥 昭雄氏である。



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)





噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)





噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)




キリスト教信者はイエス・キリストは聖母マリアが神から授かった子供であり、父親はいないと信じていると思う。


生物学的にはあり得ない事であるが、世界中で多くの方々が信じている。


何を信じ、何を信じないかは自分自身の判断次第であり真実とは幻に過ぎないのかも知れない。



参考:反地球は存在するか


参考:惑星ヤハウエ概略表


参考:飛鳥昭雄


下の動画の意味がわかる方からのメッセージお待ちしております。


読んで頂きましてありがとうございます。



ユダヤ10支族の謎解き①

モーゼは黄色人種であり、ヘブライ人にとっての救世主である!


日本の石川県にあるモーゼの御墓は本物か?


久々のブログです。


さて、読者の皆様方は”モーゼ”を御存知でしょうか?


こうして知ったかぶりして偉そうにブログを書いている私は、実は名前以外全く知らないのです。


そこで、”モーゼ”ってどんな人物か調べてみましょう。


(画像:白人モーゼ)



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版) 



(画像:有色人種 モーゼ)


噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版) 


参考:モーゼ  (Wiki)


モーゼは、ユダヤ教やキリスト教と深い繋がりが有るようです。


更にイスラム教とも関係があるようです。


モーゼは、旧約聖書の中の「出エジプト記」に記載されている人物です。


エジプトのファラオの奴隷状態にあったヘブライ人を率いて、約束の地へと向かったとされております。


それでは、ファラオとはどんな人物だったのでしょうか?


調べてみますとファラオとは、人物名では無く古代エジプトにおける王家の呼称なのです。



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版) 



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版) 



参考:ファラオ  (wiki)


参考:ファラオの一覧  (wiki)


つまり、代々のファラオがヘブライ人を従属させ奴隷にしていた様です。


ファラオの仮面は権力の象徴。


エジプトにあるスフィンクスの顔そのものです。


余談になりますが、エジプトのピラミッドはお墓ではありません。


実際に、ピラミッドから人骨は出土されておりません。


本当の王家の秘密は、スフィンクスの下に眠っている様です。


エジプト政府は、過去に1度もスフィンクスの発掘を許可しておりません。


理由は諸説ありますが・・・


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1042594905 


話を戻します。


当然の事ながらモーゼは、ヘブライ人にとっては救世主となります。


エジプト王家一族のDNAは、非公開でありまして人種も判別していない様ですが、顔の特徴からモンゴロイドの特徴を有しているとされております。


ヘブライ人は現在もいるのでしょうか?


実はヘブライ人は、白人では無く黄色人種なのです。


現在では主にイスラム教を信仰する方々の祖先が、ヘブライ人と言えるでしょう。


ユダヤ人もヘブライ人の末裔で黄色人種なんです。


私達がイメージするユダヤ人は白人です。


白人のユダヤ人はアッシュケナジー系に分別されます。


即ち、ユダヤ教信者の白人の総称なのです。


旧約聖書によりますと、ノアの3人の息子のセム(黄色人)・ハム(黒人)・ヤペデ(白人)が人種の祖先とされております。


(画像:ノア・セム・ハム・ヤペデ)



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


したがってセムの子孫がモーゼなのです。


冒頭のモーゼの画像をもう一度、見て下さい。


皆様方がイメージするモーゼは、どちらでしたか?


アラブ民族の祖であるアブラハムも黄色人種。


ダビデやイエス・キリストも黄色人種です。


イエス・キリストはすっかり白人にすり替えられてしまっております。


ユダヤ人=白人という認識は誤りです。


ユダヤ人とはユダヤ教の信者の総称に過ぎません。


現在のイスラエルは、90%以上が白人ユダヤです。


黄色人ユダヤは、パレスチナ難民となって現在も流浪の民となっております。


中東の果てしない混乱の元凶は、白人と有色人種の闘争と言っても過言ではありません。


有史以来、有色人種の抵抗は常に侵略やテロと置き換えられるのです。


この辺りの歴史はとても複雑ですので、日を改めてご紹介したいと思います。


さて、モーゼと言えば、「十戒」が有名です。


この「十戒」も長い歴史の中で、捏造されてきており多数の「十戒」が存在します。


殺人・盗み・強姦等を戒めるものですが、これらを守っていないキリスト教信者もおります。


白人以外は人間では無いと言う詭弁によって、多くの有色人種が殺傷され侵略を受けております。


マヤもインディアンも黒人も凄まじい弾圧を受けてきたのが実態です。



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版) 


抵抗勢力は抹消され、服従者は奴隷です。


参考:白人VSインディアン抗争史 


参考:サンドクリークの虐殺 


オリジナルの十戒を自分自身で探究するのは時間を要します。


これについては、宿題とさせて頂きます。


最後になってしまいましたが、モーゼの御墓は発見されておりません。


見つかる訳がありません。


モーゼの御墓は日本に有るようです。


白人にとっては、モーゼは白人であり日本に御墓があっては都合が悪いのです。


白人ユダヤの英国王立協会が認めない限り、歴史の表舞台に出る事は許されません。


モーゼの御墓は石川県にあります。


加賀百万石の地です。


石川県宝達志水町河原地内の伝説の森公園(モーゼパーク)  。



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版) 

下の写真は、モーゼの御墓です。


実に質素です。


もしもモーゼの御墓が、豪華絢爛な御墓と質素な御墓があったとしたら・・・


貴方ならどちらを信じますか?

噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版) 


さらに、近くにある宝達神社には変わった狛犬があります。


スフィンクスの様な狛犬です。



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)



(写真下:宝達山の山頂神社)



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)




モーゼの御墓が日本にある。


当然ながら、学術的には無視されております。


しかしながら、証拠はたくさんあるのです。


何故、モーゼが日本に来ていたのかは、天皇家と関係がありそうです。


伊勢神宮にあったダビデの星もなにかしらの関わりがあるのです。


ちなみにヘブライ語は、日本のカタカナととても良く似ております。



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版) 




現在の皇居の周りには、包囲されているが如くキリスト教施設が密集しているのです。


神の名の下に繰り広げられる侵略・略奪・殺人。


神とは、どんな理不尽な行為をも正当化する事のできる権力者にとって都合のよい存在になっています。


したがって、神を冒涜し反逆する者は躊躇なく天罰としての死が待っているという論法です。


本当に宗教というものは、悪用されると恐ろしい力を発揮します。


神とは天使と悪魔の2面性を持つ言葉です。


モーゼはファラオにとっては、反逆者です。


その反逆者を白人に仕立て、ファラオを黄色人種にする事で善悪が180度すり替わると言う仕組みです。


善悪の定義は当事者によって異なりますので、ここではどちらが悪と断言はしません。


もちろん真偽は読者の皆様方のご判断にお任せ致します。


ユダヤ10支族の謎解きもシリーズ化したいと思っております。


読んで頂きましてありがとうございました。




地球原住民の生き残りが日本人(9)

弥生人の正体を徹底究明!


縄文人と弥生人の本当の違いとは?


これまでの私のブログの中で天孫降臨の地は高天原であり、その場所は飛騨(岐阜県)である事を主張してきました。


そして日本人は大陸からの渡来人では無く、縄文人が祖先である事を立証してきました。


現在の文明社会における最古の縄文土器。


少なくとも1万6000年前と判定されている青森県での縄文式土器発見で、世界4大文明の定説は崩壊しております。


そして、飛騨の地で代々上方様(うわかたさま)と呼ばれる苗字を持たない家系が大陸からの侵攻から日本列島を護るため国造りを始めたのです。


その家系こそが、天照大神を祖とする天皇家の始まりなのです。


よって、天皇家とは日本人の総本家であるのです。


この縄文人を日本人の祖先とするならば、弥生人とは何者なのでしょうか?


そもそも縄文人と弥生人は何が違うのか、おさらいしてみましょう。


(左:縄文人 右:弥生人)



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


(写真下:縄文時代の土偶)




噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


学説では、遺跡等の発掘状況から縄文人は狩猟民族であり弥生人は鉄を用いる農耕民族であったとされております。


個人的にもこの見解に、あえて疑問を挟む事はありません。


その他に何が違うのでしょうか?


決定的な違いは、遺跡の発掘年代と地域です。


大まかに申しますと縄文時代は、今から約1万6000年前の昔から紀元前300年までの期間です。


以前は1万年前とされておりましたが、縄文土器の発見によって縄文文明の発祥はかなり遡っております。


参考:縄文土器


一方、弥生時代とは紀元前300年以降とされております。


土器も大きく変化しております。


縄文式土器から弥生式土器へと変わっていきます。


(写真下:上段-縄文土器/下段-弥生土器)


噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)

噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)




そして鉄の時代の到来です。


そして長い狩猟の時代から農耕の時代へと変化してきたのです。


農耕になりますと収穫も安定して定住となります。


人口も増加する事となります。


食物連鎖の世界から農耕の世界へと変貌していったのです。


食生活が変化すると体格も変化します。


つまり骨格も変わるのです。


この様に長い時の流れの中で、縄文人と弥生人と呼ばれるほど異なる骨格になっていったのです。



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


単純に考えてみましても江戸時代と現代でも日本人の体格はかなり異なっております。


こうした状況を考えますと、縄文人と弥生人は異なる種族ではありません。



簡単に申しますと縄文人が弥生人に進化していったと考えられます。


この事を実証出来るのが、以前御説明した日本人の脳の特異性であります。


世界唯一と言われる日本人の脳構造は、縄文人と弥生人が基本的には同じ日本人である事を物語っております。


地域的にみますと、縄文文化は東日本を中心に栄、弥生文化は西日本を中心に栄えてきております。


参考:縄文時代人と弥生時代人  




噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


やがて弥生人は、その勢力を拡大していきます。


弥生時代の到来で狩猟中心の縄文文化は北方へと追いやられる事となります。


これは文明の進化の過程なので自然の成り行きです。


弥生人が縄文人を虐待している様にも感じますが、そうではありません。


長い時の流れの中で、縄文文化から弥生文化へと変化していく過程なのです、


いつの時代になっても、昔の風習を大切にしている地域はあります。


弥生文化が定着してきても田んぼや畑を耕すのは馴染まない人々もいたのです。


そして現在、日本には狩猟民族はおりません。


この様に、大陸の文化を受け入れた縄文人が弥生人だと思われます。


当然、大陸との交流は深く混血もあったと思われます。


そうした弥生部落が西日本を中心に、いくつもの村を形成していったのではないでしょうか?


(人口分布図 縄文中期・後期)


総人口26万1300人(東日本25万1800人・西日本9500人)


噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


(縄文遺跡分布図)





噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


弥生の人々は鉄が武器にもなり、農耕の土地を他の村から守ってたと思われます。


やがて村は、統合されて小国が乱立している状態に変化していったのでしょう。


そして狩猟を中心に生活していた縄文部落の住人は、農耕中心の鉄を得た弥生の勢力に圧倒されていったのだと思われます。


(弥生時代遺跡分布)


噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)




縄文文化は北へ南へと追われていきます。


琉球・薩摩隼人やアイヌは南方系縄文、北方系縄文の名残かと思われます。


事実、近年の最新のDNA研究でもこれらのを裏ずける研究結果が出ております。


日本男子のY染色体DNAは世界中で日本人しか持っていないD2系統を保有しております。


この事は、D2系統遺伝子が優勢であって混血を許さない遺伝子であると推察されます。


参考:日本人




噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


さらには、日本各地に被差別部落と呼ばれる地域があります。


こうした地域も縄文の伝統を受け継いだ地域と思われます。


実は、この縄文文化と弥生文化が天皇家に大きく関わっております。


東日本と西日本と言っても良いでしょう。


天照大神とスサノオ。


伊勢神宮の内宮と外宮。


伊勢派と出雲派。


東京と京都。


そして天皇家の表と裏。


全ては敵味方や善悪とは違い、表裏一体の日本民族の実態であります。


残念ながら、日本の歴史は縄文と弥生の対立の歴史とも言えるでしょう。


こうした対立に付け込んで諸外国が関わっています。


どちらが良くてどちらが悪い訳でもありません。


日本という国はそういう国なのです。


縄文と弥生が融合した時こそ、日本の真価が発揮されます。


籠目籠目


籠の中の鳥はいついつ出会う


夜明けの晩に


鶴と亀がすべった


後ろの正面誰


次回は天照大神から弥生による大和朝廷設立までを振り返ってみたいと思います。


読んで頂いてありがとうございました。




四方拝(しほうはい)

陛下自らが執り行う1年で最初の宮中儀式


今上天皇が元旦早朝に行われる国民の為の祈り


新年、明けましておめでとうございます。


読者の皆様方は、どんなお正月をお迎えになりましたか?


年明け早々、日本列島は記録的な大雪に見舞われました。


季節は夏であるオーストラリア南部でも雪が降っております。


世界的に記録的な大雪と寒波になっておりますが、日本もその影響でしょうか?


地球温暖化って本当なんでしょうか?


実は地球は寒冷化に向かっていると主張している学者もおります。


どちらが本当だかわかりませんね。


(写真:北海道襟裳岬初日の出)



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


さて、今回は四方拝についてご紹介します。


天皇自らが元日から祭祀を行われている事は、あまり知られておりません。


日本国民の為に今年一年の豊作と無病息災を祈願しているそうです。


諸説ありますが、古くは平安時代より行われている儀式とされております。


発祥は陰陽道とされております。


(写真:熊野神社 四方拝)




噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


この儀式で陛下が詠まれるとされる呪文です。


賊寇之中過度我身


毒魔之中過度我身


毒氣之中過度我身


毀厄之中過度我身


五急六害之中過度我身


五兵六舌之中過度我身


厭魅之中過度我身


百病除癒


所欲随心


急急如律令


(写真:安倍晴明【秘技】呪占具陰陽道霊符良縁符)



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


毎年、日本国民の為に陛下が元旦の早朝よりお一人で祈りの儀式をなされているのです。


中々報道される事の無い、私達の知らない皇室の姿です。


参考:日本の平安時代における「四方拝」の儀式について






検索フォーム
プロフィール

kenshin_bishamonten

Author:kenshin_bishamonten
BLOGZINE版及びアメブロ版読者の皆様へ

アメブロ版のミラーブログでしたが、諸般の事情により2013年9月以降新規更新はFC2版にて行います。
今後とも宜しくお願い致します。

毘沙門天謙信

最新記事
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
フォローお待ちしております
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
3位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

煩悩くん フルスロットル

高度自給自足時代の夜明け 【先進国の未来像】

MAGICA魔法入門カバラ~真を見抜く法

朝霧の中で
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。