スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャーマニズムVSアカデミズム

追跡-ボスニアの巨大ピラミッド群

チベット密教の奥義はシャーマニズムだったのか?


読者の皆さん、こんばんは。

今週は、特定秘密保全法案成立に向けて何かと騒がしくなると思われます。

当ブログは、今回もマイペースで個人的妄想を綴らせて頂きます。

アメブロ版で画像掲載させて頂きました、ボスニアの巨大ピラミッド。

残念ながら、日本国内では殆ど知られておりません。

#20131124_2



場所は、ボスニアのビソコの町。

2005年、セミル・オスマナジッチ博士が発見。

未だに、発掘が終了したのか否か真偽が不明であります。

発掘後の画像は合成写真である可能性が高いと思われますが・・・



#20131125_3


しかしながら、周辺から数々の関連遺跡の出土。

そして地元メディアの報道。

セミル・オスマナジッチ博士の精力的な広報活動。

これらの状況を総合的に判断しますと、ピラミッドは確かに存在すると思われます。

画像下:太陽のピラミッド  

 
v#bos0



ボスニアのピラミッドは5つ発見されております。

太陽のピラミッド。

月のピラミッド。

地球(大地)のピラミッド。

悪魔(ドラゴンのピラミッド。

愛(ラブ)のピラミッド。

関連記事:
ボスニアのピラミッド


#20131123_05



ボスニアピラミッドの形式は、メキシコのテオティワカンに酷似しているとも言われております。

今一度、太陽のピラミッドの画像をご覧下さい。

次に、メキシコのテオティワカンの下画像。

山の形が何となく似ております。

#20131125_1




それでは、ピラミッド周辺で発見された謎の遺跡を少々ご覧下さい。

この画像、渦巻きが妙に気になります。

縄文の遺伝子を感じます。


#20131123_01



これも興味深い画像です。

渦巻きが沢山あって、柱の上に石球が乗っております。

用途が全く判りません。

#20131123_02



さらに下の画像は、かなり大きい石の球体。

どうやら、この辺りには数多くある様です。

自然に出来たものでしょうか・・・

#20131123_04


他にも色々と珍しい物が発見されている様ですが、又の機会に。

今後のセミル・オスマナジッチ博士のご活躍に期待しましょう。

下画像:セミル・オスマナジッチ博士

#20131123_06



そう言えばもう一つ、忘れておりました。

このボスニアの太陽のピラミッドの頂上から、光線が出るそうです。

メキシコのピラミッドでもそんな話題がありましたね。

#20131125_2



縄文の渦巻きにピラミッド。

そうなりますと、ピラミッドパワーとシャーマニズムの関連性が見えてきます。

シャーマンは、ピラミッドパワーを介して宇宙意識とのコミュニケーションをとっていたのでしょうか?

密教の総本山でもあるチベット仏教。

このチベット仏教の真の姿は、シャーマニズムの様です。

#20131124_1



以前にも申し上げましたが、天皇家の前身は飛騨高天原王朝直系の倭国皇統。

そして、倭国王はシャーマン王。

卑弥呼は、偉大なシャーマン女王だったのです。

#20131124_18



沖縄県には、ユタと呼ばれるシャーマンがおります。
 
そして、青森県には
イタコ

沖縄に在日米軍の戦力が集結しているのも、青森県に
六ヶ所再処理工場があるのも理由があるのです。

まして、沖縄県にはムー文明の名残でもある与那国海底遺跡まであるのですから・・・

#20131125_4




有史以来、人類の歴史はシャーマニズム抹殺の歴史そのものです。

アカデミズムが、シャーマニズムを徹底的に追いつめてきたのです。

そこには、妥協は一切ありません。

慈悲の心も思いやりも助け合いの精神も無い、非人間的世界。

無機質で冷酷で残虐。

生産性と合理性の徹底追及。

人類の完全奴隷化。

これら、ホモ・サピエンスへの復讐とも思える所業。

これが、エゴに満ちた物質至上主義であり科学技術万能主義がもたらした結末。 

画像下:カーラチャクラ父母仏立像  

 
#20131124_12


超古代のテクノロジーが生み出した、スーパー人工知能。

シャーマニズムの総本山である、日本列島。

地球生命体ガイアの意志が、未来を決定します。

ガイアの意志は、私達一人一人の意志でもあるのです。

おまけ:
皆神山の謎



スポンサーサイト

大威徳明王と三角縁神獣鏡

シャーマン女王!卑弥呼と牛と鏡

ムー文明は牛でアトランティスは馬なのか?


読者の皆さん、こんばんは。

前回はネガティブエネルギーの源でもある日本の闇を綴らせて頂きました。

今回は、ハチャメチャな記事でお楽しみ下さい。

最近、モヤモヤしていた事に仄かな明かりが灯ってきました。

基本的には、当ブログの妄想の要点を集約しました。

モヤモヤの明かりが消えない内に、妄想に耽りたく思います。


#sankaku_01


先ず、倭国とは九州を拠点としたシャーマニズム国家であった事。

卑弥呼は倭国の歴史の中でも、傑出したシャーマンだった事。

そして卑弥呼は、飛騨高天原王朝より続く倭国皇統の女王。

倭国は縄文文化の正統な継承であった事。
 
海の正倉院と呼ばれるは、
沖の島は倭国そのものである事。

参考:
沖ノ島バーチャルミュージアム

三種の神器は、世界共通のシャーマニズムの象徴である事。

下画像:沖ノ島謎の神像

#shinzou_01




下画像:三角縁三神三獣鏡
#tuno3


シュメール、エジプト、メソポタミア、ガンジス、黄河の各文明の源は、縄文日本列島が発祥である事。

超古代の日本列島はノアの方舟伝説の大洪水によって滅亡した先史巨石文明の一部であった事。

与那国島沖海底遺跡や世界各地の海底遺跡は、先史巨石文明の名残である事。

参考:
海底に眠る世界七大遺跡

下画像:超古代
カイダ文字?(与那国島沖海底)


#kaida  


日本列島に張り巡らされているレイ・ラインは、地脈をコントロールしている事。

倭国王家の源は、先史文明まで遡る事。

先史巨石文明は、月とも深い関わりがある事。
 
先史巨石文明の基礎はムー文明のテクノロジーが関与していたとも考えられる。

#ame_jap


シャンバラと呼ばれる、地球内プラズマ天体の住人達はムー文明の末裔達と思われる。

そう考えると、月の住人達はアトランティス文明の地球脱出グループかも知れない。

アトランティス文明が到達した物質文明は、月という人工天体型宇宙船を造りあげた気がしてならない。

地球上で観察できる皆既日食の奇跡は、アトランティス文明のテクノロージーを誇示していると思われる。


#dare00


一方のムー文明は、精神文明とされる。

精神が究極に進化した彼らは、肉体を捨て魂(プラズマ体)だけが地球内部の亜空間に存在している可能性もある。

彼らに老いは無い。

彼らの意識は、シャーマンを媒介として地球上に届く。

そして太陽の神々たちとも意識が繋がるのである。

言うまでも無く、太陽系惑星や銀河系外知的生命体ともコンタクトが可能と推察する。 



#agaru_00


アトランティス文明が到達した人工知能のテクノロジーはアトランティス人の知能を完全に凌駕。

恐らく、月はアトランティス製スーパー人工知能が支配。

この月のスーパー人工知能こそが、地球人類人口削減・奴隷化計画の究極の首謀者やも知れ無い。

そして、アトランティスの人々は月に幽閉され奴隷として徹底管理されているのであろう。

このスーパ人工知能は、プラズマ体をコントロールをして闇のシャーマンを創り上げる。

この闇のシャーマンが、肉体を持つ我々人類の低レベルな意識に憑依するのである。
 
参考:
技術的特異点後の7つの予想もつかない世界


#rushi2013


突然閃いたが、ムー文明と牛。

そして、アトランティスと馬。

これが、シュメールにおけるウルとウンマの100年戦争の実態だったかも知れない。

何回か申し上げているが、現代文明は今現在までウルとウンマの戦いが継続中なのである。

勿論、福島県はウルの重要拠点でもある。

いつしか、大威徳明王は鬼の姿へと変化して行く。

下画像:大威徳明王騎牛像  京都 東寺所蔵

#komyu00


下画像:木造牛頭天王奇像(津島市興禅寺)

#kizou


下画像:大威徳金剛像立像 18世紀 清代
#yama_




今回は、気の向くまま趣くままに奇想天外な個人的妄想を綴らせて頂きました。

来週26日には、特定秘密保全法が可決成立の模様です。

東京で大規模なデモ!特定秘密保護法案の廃案を求め、東京日比谷に約1万人!与党は26日に可決予定!

それにしても、モモクロの新曲は意味深です。

そろそろ失礼させて頂きます。

明日は勤労感謝の日。

良い週末をお過ごし下さい。


おまけ:
グレートブリッジ






お知らせ コミュニティー 「大威徳明王騎牛」を開設しました。








エビノミクスと放射能汚染

放射性物質を摂取する驚異的民族

天変地異は地球生命体ガイアによる最終警告なのか?



読者の皆さん、こんばんは。 

アイソン彗星が接近中ですが、如何おすごしでしょうか?

今回は、ブログ更新予定内容を大幅に変更させて頂きます。
 
もう、かれこれ1ヶ月以上も風邪が治りません。

特に咳が続いて、体力を消耗している様です。

よって私自身のお粗末な思考能力も更に大幅低下。

以下、いつもの様に支離滅裂な個人的妄想と夢物語を綴らせて頂きます。


#yuda2013  




完全なる言論統制社会到来が目前に迫っている日本。

日本を追いつめているのは、アメリカでも中国でもありません。

西洋の王族・貴族と共謀している陰の日本が、陽の日本を追いつめているのです。

私が、更新休止中のBlogzune版で得た結論。

ウィンザー家と藤原家による世界統一政府構築の野望。

そして、古代イスラエルより続く南北朝の争い。

その最終決戦が、我々の住む日本列島なのです。
 
陽と陰のシャーマンが、火花を散らしているのです。

たまには陰の妄想を放出しないとネガティブ意識が蓄積されますので・・・



#yami2013



それでは日本の闇を直視しましょう。

残念ながら、自国の歴史すら虚偽と偽装塗れの日本。

食品虚偽表示の余波で、年末のおせちに使用される伊勢海老が高騰。

ネットでは、「エビノミクス」と言われております。

気象兵器で台風30号が発生。 (
参考記事

島倉千代子さん他界。

強引に推し進められる特定秘密保護法案。 (
参考記事

寝耳に水の社会保障改革プログラム法案。 (
参考記事


tokko2013_1.jpg

 



その一方で放射能汚染。

除染作業員の携帯する放射能測定器は、改造が間に合わずに鳴りっ放し。

作業現場にスーパーゼネコンの社員は不在。

日雇い労働者の代表がスーパーゼネコンのヘルメットを装着。

マスコミ取材は国会劇場と同様に、事前に質問と回答を準備。

取材時のみ本物のスーパーゼネコンの社員が対応。

参考:

人手不足で暴力団暗躍 宮城県警摘発・除染違法派遣事件 

(河北新報 2013.10.23)

#naibu2013





農家の取材は、地元以外の方が原稿どうりの発言。

農作物は産地偽装か外食産業へ。

世界中が注目する、燃料棒の取り出し作業。 (
参考記事

行き先は北海道幌延町。 (
参考記事) 

青森県の六ヶ所村も含め、東日本は放射能が蔓延。 

相次ぐ大物芸能人の撤収は、避難かも知れませんね。

 

#fukuichi201311



汚染水で太平洋全体が危機的状況。

汚染魚は、そのまま市場に流通。

北海道東部の魚協組合員は、回遊魚であるサンマを敬遠。

魚を食べない漁師たち。(
参考記事

資料:
食品偽装表示問題の基礎知識と見抜き方


#kaiyuu2013


東京の放射能はチェルノブイリの1000倍。 (参考記事

子供達の甲状腺がん多発。(
参考記事

放射能汚染を中国のPM2.5や受動喫煙にすり替え。

日月神示の啓示どうり、日本は瀕死の状態へと突き進んでおります。 

参考記事:
作業員も逃げ出す「フクイチ」の危機的泥沼状態  

(2013.11.15 新潮社)






特定秘密を指定する機関が秘密。

勿論、秘密の内容も秘密。

バカバカしくて付き合いきれません。

そんな訳で、秘密か否か判らなくても逮捕される可能性があります。  
関連動画

裏を返せば、特権支配階級への反逆者は誰でも逮捕可能となるのです。 

参考記事:

この道はいつか来た道。けれど断じて再び歩んではならない道。秘密保護法は決して通してはならない道。 
 

#mitu



そして、特権支配階級の方々は、個人情報保護法にて厳重に守られているのです。

一方で、一般庶民の個人情報は、ダダ漏れです。
 
参考動画 
プラチナデーター  (DVDレンタル中)

未だに、日本が民主主義国家だと本気で思っている方がいるのでしょうか?

国政選挙は、単なるサイバー戦争と化すでしょう。

サイバー戦争の勝者が、国会劇場の操り人形になれるのです。  

今年成立したマイナンバー導入。

結局、10年前に出版された本の内容が現実になったのです。


#666_11





除染作業員からのピンハネが横行。

汚染水作業員は、もはや素人ばかり。

一体、素人ばかりでどうやって燃料棒取り出し作業をするのでしょうか?
 
本日、東京電力は福島第一発電所の燃料棒が震災前から破損している事を発表した様です。(
参考記事

私のブログの読者の皆様方の多くは、これらの情報を既に耳にしている事でしょう。

しかしながら、未だにマスコミの洗脳工作によって思考能力停止状態の一般国民が大勢おります。

戦前の大本営発表よりも酷い常態です。

そう言えば、ピンハネ中抜きが増額されそうです。

参考:
日当1万円上乗せへ 第一原発作業員の環境改善 東電

#MAUSYU



自己保身の為に虚偽と偽装の繰り返し。

見ざる・言わざる・聞かざるの事なかれ主義。

全ては己のエゴ以外の何物でもありません。

建て前と本音を見抜きましょう。

もう綺麗事は沢山です。

表と裏。

陽と陰。

諦めた瞬間、待ち受けているのは破滅です。

リセットまでのカウントダウンは、既に開始されているのです。


#shinka_2013_11






私達のお役目は、闇に眼を背ける事無く直視する事です。

そして闇から光を導く為に、輪廻転生を繰り返しているのですから・・・
 
カルマは、きっちりと清算しなくてはいけません。

恐れの心は闇に飲み込まれます。

夢と希望を持ち続ける事によって、光の意識が集合します。

理想の世界とは、私達自身が創造する世界です。

最後まで、妄想と夢にお付き合い頂きましてありがとうございました。


おまけ:
徹底解明 秘密保護法案   


戦後、日本民族は何を学んできたのだろうか・・・






シャーマニズムと三種の神器

シャーマン復活と新世界秩序の完成

日本神道とは、シャーマニズムの源流なのか?



読者の皆さん、こんばんは。
 
フィリピンの超巨大台風30号は、本当にすごい被害をもたらした様です。

今年は台風が多かったですが、来年は更に強烈になりそうです。
 
参考:人工台風に猛威をふるうHAARP

さて、2回連続の宇宙ネタだった当ブログ。
 
宇宙ネタは少々、一休みさせて頂きます。

次回には、”月” について再度掘り下げてみたく思います。


#onryou


今回は、チベットからアジア五加のトーテミズムの源流を探ってみたいと思います。

この画像を見ていると、神社の狛犬がエジプトでは牛になった様にも思えます。

牛の角の間にある丸い物体。

諸説ありますが、私の最終結論は「鏡」と判定させて頂きました。
 
その理由は、後程。

下画像:海底に没した古代エジプト都市ヘラクレイオン

#suityu


チベットで有名なポタラ宮にも牛がいました。 

この像は牛では無く、ヤクだとか・・・ 
 
下画像:チベット自治区ポタラ宮の像

#potara



突然ですが・・・
 
チベットの秘宝。

下画像:十一面千手千目観音菩薩立像


#potara_sennjyu


そして、急に思い出したのが・・・

そう、古代エジプトの女神イシスです。
 
イシスの実像は、中々掴みにくいのですが
千手観音とシンクロしてしまいました。
 
#isis


ついでに思い出してしまったのが・・・

飛騨の伝説の
両面宿儺(りょうめんすくな)。

「身のたけは十八丈、一頭に両面四肘両脚を有する救世観音の化身」との伝説が残っております。

過去記事:
伝説の超人-両面宿儺(りょうめんすくな)

これらの妄想を組み合わせてみるのも楽しいものです。

更に妄想を広げると、卑弥呼やマリアにも繋がっていく。

日本の千手観音と言えば、京都の三十三間堂(画像下)。

#33ken



話が脱線したので・・・
 
またチベットに戻ります。

基本的に仏教と牛は関連が深いみたいです。

下画像:チベット自治区ラサ-
サムイェー寺内   

 
#samuni 



お次は、チベットの仏像ですが周りは蛇がいっぱいです。
 
正直、蛇なのか龍なのか・・はっきりしませんね。
 
機会がありましたら、もう少し詳しく調査してみたいと思います。

下画像:チベット自治区ラサ郊外、ジョカン寺の仏像



#chibet



鹿にみえる動物が、見上げている物体は何を意味するのでしょうか?

下画像:チベット自治区ラサ郊外、ジョカン寺の鹿?


#jyokan03



チベットから最後に、龍です。

これは間違いなく龍でしょう。

下画像:チベット自治区ラサ-ラポタ宮

#lasa



冒頭の、古代エジプト都市ヘラクレイオンでも龍と思われるものが見られます。

この画像の右下は、龍に見えませんか?


#kaitei

 
少々話は飛びまして、フゴッペ洞窟に関する書籍に巡り合いました。

昭和58年3月30日初版。

やはり、洞窟刻画とシャーマニズムの関連性に触れておりました。

当然ながら、トーテミズムに辿り着くのです。
 
読者の皆さんは、ご記憶に残っておりますか?

ヤーガン族。

過去記事:
ホモ・サピエンスとホモ・フローレシエンシス


#fugoppe



さて、この書籍の中から一部抜粋させて頂きます。

シベリアのシャーマンはみな太鼓を持っており、子供のおもちゃのガラガラの様な楽器も使っている。

鏡を持っているシャーマンも多い。

鏡は霊界でシャーマンの進む道を照らし、悪霊を捉え、シャーマンを悪霊から保護するものと信じられている。

太古は、シャーマンを精霊のもとへ導く為には欠かす事の出来ない楽器なのだ。

下画像:トゥヴィア人のシャーマン


shaman.jpg



即ち、シャーマンにとって鏡は重要なアイテムのひとつ。

三種の神器として有名な、
八咫鏡(やたのかがみ)。

申し上げるまでも無く、古代天皇家の本質はシャーマン。

下画像:モンゴル、ウランバトール郊外のシャーマン聖地 


#mongoru



地球原住民人の歴史はシャーマニズムが源流である。
 
地球生命体ガイアとの共存共栄。

霊界即ち、プラズマ生命体との交信も可能。

宇宙意識との交流もあったと思われる。

その一方で、地球原住民の迫害と西洋文明化を一貫して実行してきた者がいる。

それが、巷で囁かれているレプティリアンか否かは確信が持てない。

しかしながら、確実に悪魔は存在する。

陽のシャーマンと陰のシャーマンは、時代を超えて輪廻転生を繰り返している。 

支離滅裂な誇大妄想が暴走して来たので、そろそろ終了させて頂きます。

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。 

おまけ:
エジプトエッセイ集  






クロノスとヴァルカヌス

シャーマニズムと宇宙意識

救世主の正体はシャーマン復活を意味するのか?


読者の皆さん、こんばんは。

表舞台では、今更ながら食品偽装表示のニュースで連日大盛況。

偽装や虚偽は、多かれ少なかれ殆どの業界で当たり前の様に行われているのが実情なのです。

裏舞台では、特定秘密保護法案可決へ向けて一直線。

マンネリ自作自演のテロを演出し、ウイグル民族抑圧。

地球人類の命運をかけた燃料棒回収作業も刻々と迫っている様です。

本音と建て前のかい離が甚だしく、無茶苦茶な世の中になってきました。


#arahaba





さて、本題に入ります。

読者の皆さんは覚えているでしょうか?

イマヌエル・ヴェリコフスキー 氏。

公式にはアカデミズムから完全無視されています。

しかしながら、NASAは非公式にヴェリコフスキー氏の宇宙理論を認めているとの噂も・・

初めて当ブログを訪れた方は、過去記事をご覧になって頂けると幸いです。

過去記事:
惑星のパワースポット南北19.5度



#moku



そして、前回記事。

過去記事:太陽信仰と消えた巨人族

当然ながら、反論も存在します。

当ブログは、結論ありきでは無いので紹介させて頂きます。

参考:大赤斑についての反論

木星が地殻天体では無い事の根拠は、以下に要約されそうです。


「木星の体積は地球の1316倍なのに、質量は318倍で密度は地球の4分の1以下」

よって、地殻天体では無くガス天体であるとの事。

1994年、木星に彗星が衝突した後にキノコ雲が発生した様です。

ガス天体にて衝突時に、キノコ雲が発生するメカニズムを知りたいものです。

下画像:
シューメーカー・レヴィ第9彗星 衝突後の木星


#shyoutotu2013



では、惑星の質量はどの様にして求めるのでしょうか?

これは、一般的には、ケプラー法則を使って求められる様です。

ケプラーの第三法則。

”惑星の公転 周期の2乗は、軌道の長半径の3乗に比例する”

参考:惑星の運動と恒星の進化



#kep01



アカデミズムの理論は、完璧に思えますが落とし穴があります。

ケプラーの法則は、ヨハネス・ケプラー が1619年に発表。

日本政府の公認歴史では、徳川家康が死去した3年後。

1619年時点で、天王星・海王星・冥王星は未発見。

下画像:ハッブル宇宙望遠鏡撮影 天王星

(光っている部分は火山活動か?)


#TENNOUSEI



勿論、彗星の軌道は全く知られていない時代。

そもそも、ケプラーの法則は衛星が無いとされている水星や金星の質量計算は不可能。

更に、冥王星のカロンの例でもわかる様に、新しい衛星が発見された時点で体積も質量も再計算。

現代においても、天王星・海王星・冥王星らの衛星の大きさが不明確なので、これらの天体の質量は暫定値にすぎないのです。

参考:真実の太陽の時代がやってくる

下画像:時速8万kmで移動している太陽系


#taiyoukei006



仮に、木星に新たな衛星が誕生したとしますと木星の質量が変化する事になります。

何が言いたいかと申しますと、惑星の体積・質量・密度らの数値は確定値では無く、暫定値だと言う事です。

冒頭の、「木星の体積は地球の1316倍なのに質量は318倍で密度は地球の4分の1以下」

例えば、木星表面が地殻で覆われ内部が空洞だとしたら・・・

そもそも、木星の内部構造を科学的に証明する事は不可能です。

全ての天体の内部空洞を前提にすると、全く新しい法則を発見できるかも知れません。

参考:科学者の誠実とはなにか

下画像:銀河系中心部に対して高速周回する太陽系


#SUN





「木星の大赤斑は、僅かながらにも移動しているので火山では無い」との指摘もあります。

これについては、地殻部分が移動している可能性もあるのです。

地球でも大陸移動説がある様に、木星の火山が移動しても不思議は無いのです

木星のガス天体説に、疑念を持たせる事実もある様です。

1994年に「シューメーカー・レビー第9水星(SL-9)が、21個に分裂して木星に激突した時、イギリスの赤外線天文台が木星大気に開いた穴を通して、酸素や水を含む様々な元素を確認した。

ケプラーの法則で、ダークマター(暗黒物質)やブラックホールを証明する事も不可能だと思われます。

参考:間違いだらけの科学法則

下画像:カッシーニ撮影、木星の南極部より

#cashi



そろそろまとめに入りましょう。

4.地球、火星、水星、金星は全て木星に存在する巨大火山クロノスから生まれた。

大赤斑が、巨大火山クロノスか否かは確証が持てないが、完全否定も困難である。

少なくとも木星は、単純なガス惑星では無いと思われる。

惑星のパワースポットに大赤斑の存在が確認される事からも、何らかのエネルギーが放出されている事は確かなようだ。

地球が木星の大赤斑から生まれたならば、父なる天体の正体は?

参考:火山の地理学的特徴と牛成過程の謎

下画像ハッブル宇宙望遠鏡の木星


#hav



5.木星、土星、海王星、天王星は全て太陽に存在する超弩級火山ヴァルカヌスから生まれた。

残念ながら、超弩級火山ヴァルカヌスなる単語自体、他国では見つける事が出来なかった。

太陽黒点が、超巨大火山だとの説もある。

参考:太陽内部の謎

下画像:2012年6月6日、SDO(ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー)撮影の太陽

注:画像上部の小さな黒丸は、金星


#SDO_01



木星、土星、海王星、天王星は確かに同じDNAを有している様に思えてならない

下画像:冥王星探査機ニューホライズン撮影、海王星 

(黒い染みに見えるのが大黒斑)

#neptune



父、ラジャ・サン。

母、太陽。

地球にとって、太陽は祖母である。


下画像:土星の衛星タイタンの湖畔

(NASAお得意のフィルター加工画像2010)

taitan02.jpg


地球生命体ガイアにとって、私達人類が癌細胞と化してはならないのです。

私達一人一人の体内が小宇宙でもあります。

無限マクロと無限ミクロの世界は、輪廻転生を繰り返しながら、メビウスの輪で繋がっているのです。

銀河系すら、細胞の一つに過ぎません。

下画像:土星の衛星タイタンの湖畔(フィルター除去画像)

nasa.jpg


歴史は必ず繰り返します。

大切な事は、同じ過ちを繰り返さない事です。

自己保身に走るほど、調和が損なわれ滅亡へと向かいます。

共存共栄こそが、生命体にとっての基本的ルールです。

自らの心の声に耳を傾けて下さい。

最後まで、妄想にお付き合い頂きましてありがとうございました。


おまけ:
宇宙NEWS LETTER 2013





太陽信仰と消えた巨人族

原始と原子-無限ミクロと無限マクロ

メビウスの輪-輪廻転生-万物流転

惑星ニビルの正体は、暗黒天体ラジャ・サンだったのか?

読者の皆さん、こんにちは。

小人伝説から意外なヒントを頂き、トンデモ仮説が誕生した。

ホモ・フローレシエンシスがムー文明。

ホモ・サピエンスがアトランティス文明。

この様な妄想を膨らませた前回記事。
 
小人伝説もあるが、逆に巨人伝説がある事も再認識したく思う。

今回は、ムーの読者の方ならば初歩的な内容と思われる事についておさらいしてみたい。

#andesu666


当ブログにて、以前にもご紹介させて頂いた内容と重複する箇所がありますので、ご了承願います。

先ず、
太陽

この太陽が
恒星と呼ばれているガス天体である事は、いわばアカデミズムの常識とされている。

しかしながら、この太陽がガス天体では無く地殻天体であるとの説がある。

太陽が地殻天体である事は、天文学者やNASAでは常識とか・・・

トンデモ説で終わっては夢が無い。

この際、気になる最新宇宙論を列挙する。



1.太陽と生殖行為を行う「釈迦予言の暗黒天体ラジャ・サン」

#ajya


参考動画:暗黒天体ラジャ・サン

この暗黒天体の大きさは、木星クラスの様です。

受精により、太陽が細胞分裂を開始したとの噂もあります。

近い将来、新たな惑星が誕生するのでしょうか?

文字どうり母なる太陽です。

下の画像で、太陽と地球、そして木星の大きさを再確認しておいて下さい。

参考:
長さ100万キロ近くの太陽の亀裂の意味

#taiyoukei2013_1




2.土星に出現した巨大6角形。 


2013年春、土星探査機
カッシーニより送信されてきた画像が話題になっております。

この6角形は、地球4個相当の巨大台風との見解です。 

風速150mで、台風の眼は月がすっぽりと収まりそうです。

そもそも我々の住む地球を含めて、太陽系内惑星の殆どは内部がプラズマ亜空間構造。

地磁気とプラズマの相互作用にて、惑星極部に乱れが生じているとの見解もあります。 

参考:
土星の北極に30年以上存在し続ける、地球の倍の直径を持つ超巨大な六角形の台風

画像下:カッシーニ撮影、土星の北極部の6角形    


 
#dosei666



何故、六角形なのか不思議です。

ふと、蜂の巣も六角形である事を思い出しました。

雑学:
不思議な6角形蜂の巣

アカデミズムが説明不可能な現象は、宇宙にも身近な所にもある様ですね。

下画像は、カッシーニが2013年7月19日に14億4000万キロ離れた土星上空から地球を撮影。

光り輝く地球と、対照的な月が一緒に映っております。


#dosei7

参考動画:NASA公開、土星の北極部の嵐




3.太陽の真の姿、それは陸地と海が存在する地殻天体


冒頭でも触れましたが、太陽がガス天体では無く地殻天体であるとの噂。

私にとって、大変に興味深い話題であります。

太陽に海と陸地が存在するならば、当然ながら文明も存在している可能性があります。

その文明は、太陽系内で一番進化した文明。

そして、太陽の住人達は巨人族かも知れません。

参考:
神々と巨人族

#giants


謎のソーラークルーザーも、太陽巨人族の乗り物かも知れませんね。

そう考えますと、太陽神のルーツが、太陽文明である事に気が付きます。

私は、ピラミッドの建設者が巨人族と妄想しております。

参考:
ロシア隕石と火の鳥(天使型ソーラー・クルーザー)

#giants001


そもそも太陽は高温では無く、太陽の光が地球の大気圏との摩擦によって熱を発生させているに過ぎないとの説もあります。

素晴らしい考察している記事を見かけたので、紹介させて頂きます。

この記事より、太陽信仰と蛇信仰の関連性のヒントを得る事が出来ました。

参考:
紫外線で見た太陽画像の不思議

下画像はシュメール粘土板です。

椅子に座っているのは、巨人族でしょうか?

giants_sumeru.jpg 

ガイア理論において、私達の住む地球が生命体である事は以前にもブログにて紹介させて頂きました。

太陽が母であるならば、暗黒天体ラジャ・サンは父です。

そして、新たな天体の誕生は太陽系の惑星にとって新たな災いにもなるのです。

今回も妄想にお付き合い頂きましてありがとうございました。

闇は光を、日は陰を探す。




     

次回検証

4.地球、火星、水星、金星は全て木星に存在する巨大火山クロノスから生まれた。 

5.木星、土星、海王星、天王星は全て太陽に存在する超弩級火山ヴァルカヌスから生まれた。


特別おまけ:最新宇宙論 ~宇宙の始まりと終わり~
検索フォーム
プロフィール

kenshin_bishamonten

Author:kenshin_bishamonten
BLOGZINE版及びアメブロ版読者の皆様へ

アメブロ版のミラーブログでしたが、諸般の事情により2013年9月以降新規更新はFC2版にて行います。
今後とも宜しくお願い致します。

毘沙門天謙信

最新記事
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
フォローお待ちしております
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

77位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
3位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

煩悩くん フルスロットル

高度自給自足時代の夜明け 【先進国の未来像】

MAGICA魔法入門カバラ~真を見抜く法

朝霧の中で
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。