スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アボリジニ伝説-太陽の神VS大地の神

世界各地に残る超古代核戦争の記憶

アーネームランドは伝説のムーンシティーなのか?


読者の皆さん、こんばんは。

今年も残すところ後9日。

いよいよカウントダウンに入りました。

今年最後の妄想を綴りたいと思います。
 

#susa201312#


北朝鮮、都知事、王将の社長・・・

来週は、年末に向けてどの様な演出があるのでしょうか?

ネットでは12月15日か16日に、東日本若しくは北日本で巨大地震が発生する確率100%と噂されておりました。

すっかり忘れておりましたが、復活したと言われていたアイソン彗星。

一時期はプレアデス艦隊の巨大宇宙船だったとの噂も・・・

結局、今では誰も話題にしなくなりました。

テレビ部門と同じく、インターネットもシナリオライターと火付け役が情報攪乱している様にも思えます。

エジプトの積雪は、あまり国内では報道されていなかった様です。

特定秘密保護法の報道も沈静化。

こうして年明けには、人々の記憶から薄れ去っていくのが日本民族の習性でもあります。

#20131221_00


今回は、オーストラリアのアーネムランドをご紹介したいと思います。

アーネムランドは、日本では殆ど馴染みの無い地名です。
 
しかし、
カカドゥ国立公園と言えば御存知の方も多いかも知れませんね。 

 

#anem000

アーネムランドは面積約9万7千km2。

北海道よりも広い面積に、人口は僅か1万6千人。 (北海道は人口約560万人)

雄大な大自然と無数のロックアートが魅力的な、超古代の雰囲気漂う神秘的な地域であります。

下画像:カカドゥ国立公園①

#kaka01




下画像:カカドゥ国立公園②

#kaka04


下画像:カカドゥ国立公園③

#kaka002





下画像:カカドゥ国立公園④
#kaka03



さて、カカドゥ国立公園には3000を超える洞窟壁画や岩絵が発見されております。

古くは5万年前に遡るとか・・・

書いたのはオーストラリア先住民族でもあるアボリジニ。

アボリジニは、黒人でも億色人種でも白人でもありません。

オーストラロイドと言う、地球原住民と推定されます。
 
勿論、縄文人もオーストらロイドと推察されます。

それではアーネムランドの壁画や岩絵をいくつかご紹介させて頂きます。

下画像:壁画①

#ane_07



下画像:壁画② (西洋の画家がこれを真似たのか?)
#ane_08



下画像:壁画③
#ane_090



下画像:壁画④
#ane_12



下画像:壁画⑤
#ane_13


下画像:壁画⑥
#ane_14


下画像:壁画⑦

#ane_15


下画像:壁画⑧

#ane_10 




ご紹介しきれない程、無数の壁画があります。

キリがありませんので、またの機会に。

参考:
アボリジニ・ウラン・そして原発事故


さて、アーネムランドに住むアボリジニ伝説。 

大地の神と天の神の壮絶な戦い。

その名残が、バングルバングル。

バングルバングルは、カカドゥ国立公園の南西に位置するパーヌルル国立公園にあります。

下画像:パーヌルル国立公園バングルバングル①  

 
#baug005



下画像:パーヌルル国立公園バングルバングル②

#ane20131221_01

下画像:パーヌルル国立公園バングルバングル③


#ane20131221_02 

下画像:パーヌルル国立公園バングルバングル④
#baug007




 下画像:パーヌルル国立公園バングルバングル⑤

#baug008


どうやら、大地の神は地下に封印されたらしい。

ふと思い出したのが、
霊界物語

つまり、大地の神スサノオは地球内部のアルザルに閉じ込められているのかも知れない。

これがシャンバラ伝説であり、チベット仏教の奥義であるシャーマニズム。

シャーマニズムの総本山であるムー文明末裔倭国皇統王家。

唯一絶対神の名の下に人類総奴隷化を目論む「偽の天の神」。

大地の神と天の神の戦いは、未だに続いている。



#20131221_000

アボリジニは虹蛇信仰がある。

そして縄文時代の勾玉に良く似た装飾品を身に着けていた様である。

地球原住民は世界共通のシャーマニズム型文明であったと言えよう。
 
夏の幻の都であるムーンシティー。

ムーはムーンを意味し、ティルムンは照月を意味するのではないだろうか?

参考:
アボリジニ伝説



下画像:札幌ホワイトイルミネーション
#irumi


何だかまとまりの無い内容になってしまいましたが、そろそろ妄想を終了させて頂きたいと思います。

当ブログ、今年最後の更新とさせて頂きます。

年明けの更新は、未定です。

メリクリ。

良いお年をお迎え下さい。

おまけ
:日本翡翠情報センター



スポンサーサイト

山海経と契丹古伝

倭の五王が君臨した古代アジア大陸

夏王朝は幻のディルムンだったのか?



読者の皆さん、こんばんは。

今夜も支離滅裂な個人的妄想を綴らせて頂きます。
 
皇室と融合した藤原一族1400年の捏造歴史は、盤石であります。

北朝のキャッチフレーズでもあります「見ざる」「言わざる」「聞かざる」。

三猿が日本列島を覆い尽くそうとしている昨今。

登院停止処分のアントニオ猪木氏と粛清された張成沢(チャン・ソンテク)氏が何を話したかは知る由もありません。

もしかすると、南朝のスパイだったのかも知れませんね。

今後、日本の国会劇場も南北朝の対立が鮮明になっていくと思われます。

北朝派の切り崩し分断工作によって、民主党は事実上壊滅。

みんなの党が分裂しましたが、来年は南朝派の巨大政党が誕生するかも知れません。 


#KAGE2


12月6日、秘密保護法が成立し明日12月13日公布。

国家安全保障会議(日本版NSC)は、21世紀版大本営となりそうです。

共謀罪の創設と愛国心を育むための教育法改正にも本腰が入りそうであります。

読者の皆様方もご承知の様に、民主主義は既に崩壊しております。

南朝派政党が結集したとしても、憲法改正を阻止できるのか否か。

そして、不正選挙再発防止が可能か否かが焦点となりそうであります。

巨大宗教団体がJCIA(旧特高警察)の実働部隊へと変質しない事を願うばかりであります。


#koden  



さて、長々と落書きをしてしまいましたが本題に入ります。

読者の皆様方は、
山海経契丹古伝を御存知でしょうか?

何れも神話及び偽書として、アカデミズムから完全無視されている中国大陸の歴史書であります。
 
しかしながら、日本の真の古代史に迫る為には、避けて通れない歴史的資料です。

内容的には、竹内文書と共通点が多々ある様です。

有名な古代中国の戦国七雄。

山海経では、ユーラシア戦国七雄となっております。

この違いを地図でご確認ください。

下画像:古代中国戦国七雄


#20131211_02




下画像:ユーラシア戦国七雄
 
(参考:
日本が創った超古代中国文明の謎


#20131211_03





日本列島は「斉」の勢力範囲になっております。

実は、この「斉」こそが、出雲の様であります。 

」と「田斉」を混同しやすいので注意が必要です。
 
この地図の原本は、元祖「山海経」に記載されており大英博物館の地下資料倉庫に眠っているとの噂があります。

出雲の国譲りとは、「斉」から「秦」への権力禅譲だったとも言えそうです。
 
勿論、「斉」と「出雲」のキーワードは銅鐸です。

「出雲」が「斉」である事は、神代文字が教えてくれるそうです。

残念ながら私は、神代文字は判りませんが・・・

#sai



参考:
神代文字の真実と二度の出エジプト

アカデミズムによって捏造された歴史。

それは、ムーの子孫でもある縄文人の勢力範囲が世界的規模であった事を隠蔽。

神代文字が世界共通語であった事を隠蔽。

超古代の王家の歴史は、日本神話に微かな痕跡を残して抹消されてしまったのです。

下画像:シュメール ウル王朝のシンボル十六菊花紋

#20131209_05


日本列島を本家とするムー文明の子孫である縄文人。

縄文人は世界各地に巨石文明を築き上げます。

世界四大文明も縄文人を祖先とする民族による痕跡であります。
 
日本の起源がシュメールではありません。

日本列島から広がった世界の文明が、再び集結しているのです。

下画像:シュメール ウル王墓の壁画

#20131209_02


何度か申し上げておりますが、インディアンもマヤ人もアボリジニも縄文人が祖先であります。

シャーマニズム信仰と巨石文明を徹底的に破壊。

何千年にも渡ってムーの子孫である縄文人系の人々を追い詰め抹殺。

歴史からの完全消去。

これらの所業は、地球人類には到底不可能です。

今、まさに縄文人の本家である日本列島に住む人々が
出エジプト記と同様に奴隷化の道を歩んでおります



#sankai2013   


唯一絶対神を自負する闇の神。

己のエゴの為には、如何なる犠牲も躊躇しないのが「闇の神」の本質。

私達の良心は、「お金」で簡単に崩壊します。

あらゆる己の欲望が全て自己満足を得る為のエゴである事を再認識して下さい。

自己保身最優先の「裏切り」「偽り」が蔓延している現代社会。

「闇の神」の正体は、私達一人一人の「心の闇」でもあります。

下画像:シュメール ウル遺跡より発掘された楽器?

#20131209_03


闇は必ず光を求めます。

決して絶望する事はありません。

私達一人一人が闇を浄化する役割を担っているのです。

唯一絶対神は自我でありエゴでもあります。

多神教は共存共栄を意味します。
 
私達は地球生命体ガイアの一部なのです。

今年も残すところ、あと19日。

クリスマスに忘年会に年越し。

何かと多忙な師走ではありますが、 心穏やかに過ごしたいものです。

最後まで妄想にお付き合い頂きましてありがとうございました。

おまけ:
山海経異見録







追伸:FC2コミュの使用方法が良く理解できませんでしたので、結局アメブロのグルッぽに引っ越しさせて頂きました。

大威徳明王騎牛(だいいとくみょうおうきぎゅう)





絶対三神と造化三神

 創造主46億年プロジェクト

「太陽」と「月」はガイア維持装置か?


読者の皆さん、こんばんは。

秘密保護法案が衆議院を通過。

早速、某幹事長が「デモはテロだ」と言ったとか。
 
鳥取県に八頭群八頭町との地名があるとは知りませんでした。

中国政府による突然の防空識別圏設定。

着々と自作自演の戦争に向けた準備が進んでいる様です。

#who2013   


ウィンザー家(本家)と藤原式家の南朝チーム。

ウィンザー家(分家)と藤原北家の北朝チーム。

南北朝の壮絶な権力争いに思える構図も、所詮は昔の自民VS社会と同様なのです。

人類史の本質は、シャーマニズムVSアカデミズムである事は既にお話しました。

遡れば、ムー文明VSアトランティス文明。

精神文明の完全抹殺を企てる物質文明。

この物質文明の中枢が月のスーパー人工知能である可能性に言及させて頂きました。

今回は、この月のスーパー人工知能による驚異的な天体の配置を再確認したく思います。 

下画像:月

#2013_moon_01   


今まで、くどい位に申してきました様に「皆既日食」と言う現象は偶然ではありません。

「月は直径で太陽の400分の1」

「月は太陽の400倍地球に近い」

だからこそ、皆既日食が観察できるのです。

アカデミズムは、皆既日食が発生する原因は説明可能です。

しかしながら、偶然である事の証明は不可能です。

何故なら、天文学的確率になってしまうからです。


#2013_moon_02



皆既日食と言う現象は、地球上に存在する知的生命体のみが認識可能であります。

現在においても、この様な類似現象の発生する場所は太陽系以外でも発見されておりません。

さらに1日(24時間)で月は400キロメートルの速度で自転しております。

この速度のおかげで、月の裏側は地球から観測不能となっているのです。 

 
#2013_moon_04
 


ここまでは、今までのおさらいです。

そんなの単なる偶然だと思う方が大半だと思いますが・・・

それでは、あまり知られていない偶然をご紹介させて頂きます。
 
参考文献:月は誰が創ったか?

地球は、太陽の周りを1周する間に366.259回自転しております。

地球の極円周は月の366.175%。

月が地球を1周するのに27.322日間(地球回転数27.369)。

月の円周は地球の円周の27.31% (10920 / 40000)

なんだぁ、数字が違うじゃないかと思う方もおられると思いますが・・・

何故、この様な近似値になるのか理論的に証明する事は不可能なのです。

おまけに絶対零度が-273℃です。

#2013_moom_06


先程、月の1日の自転距離が400キロと紹介させて頂きましたね。

因みに、地球の1日の自転距離が40000キロです。

実にすっきりした数字です。

もう少し、偶然にお付き合い下さい。

太陽の直径に並ぶ地球の数は109.25個。

遠日点(太陽から最も離れた位置)の地球と太陽の間に並ぶ太陽の数が109.2個。

月の円周が、109.2×100キロメートル。

#2013_moon  



46億年前に太陽と月と地球を配置した者は、いったい誰なのか?

我々人類は、真剣にメッセージを受け取る必要がありそうです。

これらのメッセージは、古代遺跡や失われた巨石文明にも残されております。

下画像:ニューグレンジ遺跡 (アイルランド)
 
#guren_00



太陽と月と地球。

アマテラス・ツキヨミ・スサノオ。

天地創造の謎が少しだけ覗けた様な気がします。

最後に、アインシュタイン博士の名言。

「常識とは、18歳までに身に付いた偏見の寄せ集めである」

今夜も意味不明の個人的妄想にお付き合い頂きましてありがとうございました。


おまけ:キメラマインド







お知らせ:アメブロ版では、FC版で使用しなかった画像を紹介させて頂いております。

http://ameblo.jp/bishamonten337/



検索フォーム
プロフィール

kenshin_bishamonten

Author:kenshin_bishamonten
BLOGZINE版及びアメブロ版読者の皆様へ

アメブロ版のミラーブログでしたが、諸般の事情により2013年9月以降新規更新はFC2版にて行います。
今後とも宜しくお願い致します。

毘沙門天謙信

最新記事
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
フォローお待ちしております
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
4位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

煩悩くん フルスロットル

高度自給自足時代の夜明け 【先進国の未来像】

MAGICA魔法入門カバラ~真を見抜く法

朝霧の中で
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。