スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秦一族と天日鷲命

獅子頭大鷲神!

-豊穣の女神と戦いの女神-

天日鷲命の正体はニンフルサグだったのか?


妄想ブログ読者の皆さん、こんばんは。
 
児童ポルノ法案、沖縄県久米島のキノコ雲、年金支給開始75歳、タイのクーデター。

相変わらず、波長が低下する話題が多い日本列島。

大衆マインドコントロール装置の主役であったテレビの視聴率低下。

現実には夫婦共稼ぎで、深夜残業当たり前の現役労働者層にはテレビをのんびり見ている時間など無いのです。

テレビを見ているのは、年金暮らしの方々と子供が殆どでしょう。

暴走が止まらない拝金至上主義は、モラルハザードの極みに達しております。

このまま高齢化と奴隷化が増々進みますと、バーチャルな資本主義経済は完全崩壊すると思われます。

彼らは、起死回生の為の戦争を待ち望んでおります。

ゲーム感覚のリセットで再び多くの人命が失われるのは、まっぴらゴメンであります。







冒頭からつい毒を吐いてしまいましたが、本題にはいります。

皆さんは、「飛鳥」から何を連想するでしょうか?

飛鳥時代、豪華客船の飛鳥、そして今話題の飛鳥。

詳しい説明は省略しますが、飛鳥は何故か「あすか」と読みます。

飛鳥の本来の意味は、大鷲(イーグル)。

下画像:シュメール アル・ウバイド遺跡より出土 大英博物館所蔵


#nin522_02 

先ずは、この画像を目に焼き付けて頂きたく思います。

ニンフルサグ女神神殿より出土した青銅製。

獅子頭大鷲神と大角鹿。

以下、川崎先生の見解を少々ご紹介させて頂きます。

ニンフルサグとは、シュメール語で獅子頭の鳥を意味する。

この獅子頭大鷲神はニンフルサグ女神の化身とされている。

ニンフルサグ女神とは、シュメール神話における大地の女神。

つまり、豊穣の女神。

豊穣の女神に使える大角鹿を神使(オシカ)と言う。

ニンフルサグ女神の別名はイム・ドゥグド(風神)。

下画像:神奈川県海老名市 
有鹿(あるか)神社 

#20140524_07




シュメール人を離散させたアッシリア人(セム族)。

セム語では、 大鷲をアスク・フ (ペルシャでアスカと発音)

大角鹿をウスク( オシカ)

セム族は、獅子頭大鷲神を戦いの女神の化身として崇める。

日本各地の
大鳥神社、鷲神社は獅子頭大鷲神(ニンフルサグ)のアスカを祭る神社である。

アスカ=明日香=飛鳥

以上、川崎先生の見解の一部を、ご紹介させて頂きました。

画像下:イースター島オロンゴのペトログリフ 
マケマケ神と2人の鳥人

#20140525_03



そろそろ闇のあぶり出しをしてみたいと思います。

キーワードは、シュメール語とセム語です。

獅子頭大鷲神(ニンフルサグ女神)の正体とは?

シュメールでは豊穣の女神、即ち大地母神。

セムでは戦いの女神ザババ。

下画像:スーサ出土 
イラン国立博物館所蔵

#20140525_04


つまり陰陽、裏表、光と闇の2極性を有しております。

この部分は、人類史にとって極めて重要であります。

セム人最初の帝国が、アッガド帝国。

アッガド帝国の創始者、
サルゴン

サルゴンは、シュメール王朝を滅亡へと導きます。 

下画像:コルサバード サルゴン2世宮殿の城壁発掘時


#20140524_02


そして約1500年経過後。

シュメール王朝の末裔達が築き上げた古代イスラエル帝国。 

前722年、イスラエル王国滅亡。

ユダヤ12支族は、再び離散します。

征服者はアッシリア王、サルゴン2世。

サルゴン、サルゴン2世 共に北メソポタミアのセム系アッシリア人。

サルゴンとは、アッガド語で、シャル・キン(Sharru kin)。  

下画像:
ナラム・シン(サルゴンの孫) 大英博物館所蔵 
  
 
#20140524_01


余談ですが、ニンフルサグ女神より創造された8人の癒しの女神。

その中の1人、生命・出産の女神の名はNinti (ニンチ)。

日本語にも”認知”は、生命・出産に関連しているのが興味深い。

下画像:ニンフルサグ女神像 シリア国立アレッポ博物館所蔵



#20140524_06


西へ移動したシュメール人らは、後の古代エジプト文明を築く。

この古代エジプト文明も、
アッシリアによって滅亡の道を歩み始める。

北メソポタミアのセム系アッシリア人である、バニバル王が前671年,エジプトを征服。

バニバル王のまたの名をアッシュル。

英語表記でAshur。

即ち阿修羅。

下画像:アシュル バクダッド博物館所蔵

#20140524_03





もう一度話を整理します。

シュメール人(ウル人)を追い続けるセム系アッシリア人。

シュメール人が築きあげた文明は、ことごとく破壊される。

そしてセム系アッシリア人の築いた帝国は、必ず圧政と重税で民の反乱によって滅亡。

全ては、紀元前2350年に登場したサルゴン以降、人類は戦争と滅亡を繰り返している。

下画像:アッシュール王 ナシルパル2世の宮殿より発見された彫刻



#20140524_04


話を獅子頭大鷲神戻します。

もうお判りかと思いますが、獅子頭大鷲は秦氏。

そして、大角鹿が藤原氏。

つまり、飛鳥時代を築いたのが秦氏。

藤原氏は秦氏を支える神使(オシカ)。

画像下:サルゴン2世の宮殿入口発見時1853年 

ドゥル・シャルキン(現在イラク領コルサバド)


#20140524_05



セム系アッシリア人は、巧妙に姿をくらませながらも日本列島に潜んでいる。
 
そしてシュメール人の完全消滅を目論んでいるのである。

日本国民を圧政と重税で苦しめるアッガド神話のアシュル。

現代のサルゴンは、いったい誰なのか?
 
サルゴンの孫であるナラム・シンは、メソポタミア史上初めて自らを神と名乗ったそうである。  

下画像:2013年ベネチアに入港する飛鳥Ⅱ

20140525_02.jpg 

 
私は何度も申し上げてますが、善悪の絶対的基準は存在しません。

因果応報カルマの絶対法則が、このマトリックスな3次元世界を創造しているのです。

どんなに建前論で繕っても、自らの行いは必ず鏡返しで戻ってきます。

現世で魂の浄化出来ない場合は、浄化するまで何度も輪廻転生を繰り返します。

昨日まで悪魔でも己の決断次第で今から天使になれるのです。

最後まで妄想にお付き合いして頂きましてありがとうございました。

おまけ:
唐草図鑑






噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)
スポンサーサイト

岩屋天狗とギルガメッシュ王

日月(ヤクタイ)・奉(チチン)

大地神(グフ)・日神(ラー)

ヤジロウの祖先はツヌガアラシトだったのか?




読者の皆さん、こんばんは。

美味しんぼの連載休止が決定した昨今、如何お過ごしでしょうか?

私は、多忙による波動の低下で妄想できず、ブログ更新が中々困難な状態であります。

毎日の日課でありました、PCの電源すら入らない日々。

ブロ友やアメンバーの方々の記事も殆ど見ておらず、大変申し訳なく思っております。

久々の妄想で意味不明かと思いますがが、最後までお付き合いの程、宜しくお願い致します。

#iwa_ten201405_001



高価な絶版である「岩屋天狗と千年王国」。

上下巻セットで約10万円。

全く内容を御存知無い方の為に。

参考:
日本歴史上から抹殺された巨大な偉人

俗に言われる立派なトンデモ本であります。

しかしながら、興味深い記述が多々あります。

・背丈10尺(約3m)で「たたらぼっち」とも呼ばれていた事。

これは、まさに
ダイダラボッチ伝説とリンクしそうです。

・頭上右髪に三寸ほどの高さの肉腫(角)

鬼伝説やツヌガアラシト伝説とリンク。

下画像:現人(あらひと)神社 福岡県筑紫郡那珂川町 

*全国住吉神社系本宮 主祭神 都怒我阿羅斯等(ツヌガアラシト)


#arahito_201405_0012

・北はアイヌ族から南は琉球の果てに至るまで、神仏習合、祭政一致の易断教団政府を樹立

易断教団の名残が、現在の沖縄のユタであり青森のイタコでもある様だ。

ユタのルーツはユダなのかも知れない。

そう考えると、生粋の南朝である。

アイヌ伝説の中も蝦夷天狗が登場し、北海道日高の義経伝説に繋がる。

下画像:義経神社 北海道沙流郡平取町

IMG_0078 (1024x768)

被差別部落の問題の本質は、ユタ=ユッタ人に非ず=えたひにん なのかも知れない。

話は変わるが、
ギルガメッシュ王。

牡牛とギルガメッシュ王とは密接な関係にある。

牛から獅子(狼・犬)へ。

牛から馬へ。

時代を経て変貌を遂げていくが、シュメールの元祖は牡牛信仰である。

キーワードは角(つの)。

#giru_2014_05_003


古代インドのインダス文明にも、牡牛。

セム人(アッシリア・アーリア・漢人)に追われたシュメール人が築いたのが、インダス文明である。

川崎先生の調査では、興味深い事実が判明。

インド神話では、牡牛を抱きかかえる者(ギルガメッシュ王の系統)をヤマと称す。

ヤマを漢訳仏典では、閻魔(エンマ)と書く。

つまりギルガメッシュ王家は、セム族より閻魔大王(鬼)とされているのである。

画像下:モヘンジョ・ダロ出土



#mohe_2014_05_004
古代中国の夏・殷・周 にも牡牛。

インド方面へ移動したシュメール人達とは別方向に移動したシルクロード経由のシュメール人グループ。

彼らは、時代と共に東へと移動。

画像下:周原博物館所蔵 (周原遺跡出土)

#syuu_201405_006


以前にも何度かご紹介してますが、古代エジプトでも牡牛。

ホルス神は、まさに鳥と牛の融合神だと思われます。

画像下:トリノエジプト博物館所蔵



#torino_201405_0010



ここで従来の当ブログの妄想を無視して、少々妄想の再整理をしてみます。 

日本列島にアラハバキ神降臨。(巨石文明)

世界的縄文文明は、鳥と蛇がキーワード。 (ホモ・フローレシエンスの時代か?)

シュメール(メソポタミア)に牡牛(巨人族)降臨。

牡牛信仰は、鳥信仰・蛇信仰と融合する。

その象徴が、龍であり亀でもある。 

下画像:福岡県竹原古墳壁画
#take_201405 
 
セム人によるシュメール人への攻撃開始。
 
シュメール人の離散が始まる。

中国大陸、朝鮮半島経由組の殷王朝亡命組が倭国(忌部氏)。

周王朝亡命組が出雲(物部氏)。

下画像:銅鐸 上海博物館所蔵 

 
#douta_201405_009


インダス経由組が琉球・呉・薩摩へと流れる(蘇我氏)。

エジプト組が古代イスラエルより日本列島を目指す(秦氏)。

獅子・狼・犬らが東へ移動開始(エジプト⇒秦・⇒高句麗⇒大和朝廷)。

馬・鹿は遅れて東征(アッシリア・アーリア・漢・藤原氏・日本)。
 
下画像:赤磐市 熊山遺跡 (通称 熊山ピラミッド)


#kumayama_201405_005

話を戻します。

岩屋天狗ことヤジロウは、八咫烏だったのでは?との見解もあります。

何れにせよ、ヤジロウに角があったとするならばシュメール直系の一族だったのかも知れません。

もっと噛み砕いて申し上げますと、ギルガメッシュ王の子孫がスサノオ。

さて、巨人族は何処からやってきたのでしょうか?

レプティリアンとアルザリアンとの関係はあるのでしょうか?

下画像: 下画像:義経神社内 北海道沙流郡平取町
IMG_0077 (1024x768)

シャーマンと異次元世界との交信が今後の行く末を左右します。

日本列島に、陽のシャーマンと陰のシャーマン。

どちらが勝利するかは、私達一人一人の意識に委ねられているのです。
 
最後の審判を下すのは、自分自身なのです。

今回も意味不明な妄想にお付き合いして頂きまして、ありがとうございました。

おまけ:
世界の秘密





検索フォーム
プロフィール

kenshin_bishamonten

Author:kenshin_bishamonten
BLOGZINE版及びアメブロ版読者の皆様へ

アメブロ版のミラーブログでしたが、諸般の事情により2013年9月以降新規更新はFC2版にて行います。
今後とも宜しくお願い致します。

毘沙門天謙信

最新記事
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
フォローお待ちしております
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
3位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

煩悩くん フルスロットル

高度自給自足時代の夜明け 【先進国の未来像】

MAGICA魔法入門カバラ~真を見抜く法

朝霧の中で
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。