スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火星考古学と巨人族

東洋レプティリアンと西洋レプティリアン

幻の惑星ティヤマトは、大和の語源なのか?


妄想ブログ読者の皆さん、ご無沙汰です。

前回の更新後、無気力症候群に陥りまして怠惰な日々を過ごしておりました。

大阪市長と在特会会長の会談がマスコミにて報道される時節柄。

意外にも飛田新地を知らない方が大勢いる事が判りました。

このままエボラの話題で年末まで目隠しを続けるつもりなのでしょうか?

#20141030_05   


さて、先週末に気になる情報に遭遇しました。

去る10月19日、火星で大爆発があった模様です。

日本や世界や宇宙の動向さん、つむじ風さんからの情報で大摩邇さんが転載で紹介されております。

かねてより、IN DEEPさんが記事にしていた事が、現実になった様です。

参考:
火星が消える日

この大爆発で、火星が消滅こそ免れたものの地表部分は壊滅的打撃を被った可能性があります。

興味津々で検索しまくっておりますと、今さらながら驚きの動画に遭遇しました。

#20141030_04


火星考古学1

火星考古学2

火星考古学3

火星考古学4

火星考古学5


特徴は何と言っても精密で圧倒的に広大で巨大な都市構造群。

関東平野を埋め尽くす都市の規模。

構造物の巨大さ。

我々人類の想像を絶する構造物には、どんな知的生命体が居住していたのであろうか?

一つ興味深い話を思い出しました。

かなり以前に紹介した事のある記事。

参考:
火星人の記憶を持つ少年

下画像:火星の地上絵
#20141031_002

この記事の中で少年は、火星の人々の身長は約7Mであったと証言している。

都市構造物の巨大さとつじつまの合う証言である。

当ブログでも何度か紹介させて頂いている巨人族。

御承知の様に、我々の住む地球にも巨人伝説は世界各地にあると共に巨大人骨も発掘されている。

巨石文明や古代ギリシャの巨大な構造物は、彼らが地球に訪れた痕跡かも知れない。

参考:
世界各地で発見される巨人族の骨

下画像:南アフリカの地上絵
#20141031_30

私は、人類のスケールは惑星のスケールに比例すると考える。

さすれば、火星は地球より小さい。

ここで一つ疑問が生じる。

何故、彼らは巨大なのか?

ここに一つの仮説を考えてみた。

火星と木星の間には、太古に破壊したとも言われる小惑星群がある。

この幻の惑星こそ、地球より数倍大きな天体だった可能性。

地球と木星の大きさを考えると、幻の惑星が地球より巨大だったとしても何の不思議もない。

この幻の惑星は、
ティヤマトとも呼ばれており、大和の由来とも囁かれている。

ティティウス・ボーデの法則は有名である。

ティアマト(大和)はエン(円)の女神でもある。

参考:
ファイストスの円盤-Ⅰ・地中海文字とヤマト ・ 太陽系の大激変

下画像:ファイストスの円盤 クレタ島イクラリオン考古学博物館所蔵
#20141031_005

さて、今回の大爆発で彼らのメガロポリスは消滅してしまったのだろうか?

それとも数万年間堆積していた土砂が吹き飛ばされて、その全貌をあらわにしたのであろうか?

レプティリアンの火星基地が壊滅したとの噂もあるが・・・

久々にレプティリアンの話題に移らせてもらう。

これ以降は、ネガティブな波動に包み込まれやすい方は読まないで欲しい。

何故なら、あなた自身の未来に影響する可能性があるからである。

客観的に、かつ冷静な判断を切望します。

所詮は妄想ブログなのですから。

まだ御存知無かった方は、予備知識として下記に目を通して頂きたく思います。

当ブログにても以前に集中掲載しています。

参考:
爬虫類型人類 レプティリアン

下画像:クレタ島イクラリオン考古学博物館所蔵

#20141031_006  

ここで解決しなくてはならない議題がある。

火星人=巨人族=レプティリアン

この仮説が成立するか否かである。

ネット情報が錯綜している中で、この分野での真実を追い求める事は困難を極める。

シャーマニズムを全否定し、外部から孤立化させ我々人類の完全奴隷化を目論む輩。

争いと殺戮を好み、共存共栄を許さない思考。

彼らの洗脳手口は、毎度ワンパターンであり単純でもある。

そして彼らの悪行は、歴史の闇として抹消される。

参考:
キリシタン

下画像:クレタ島イクラリオン考古学博物館所蔵

私達のイメージはレプティリアン=悪である。

蛇神信仰・龍神信仰は邪教とされる。

神社はレプティリアンへの生け贄を捧げる場所であると。

皇室とウィンザー家の歴史はレプティリアンの歴史でもあると。

彼らは、90%の真実に10%の嘘を巧妙に仕込ませて善悪を逆転させる事がセオリーである。

ネット情報も同様である事が殆どである。

個人崇拝は極めて危険である事を忘れないで頂きたい。

最終判断は自分自身である。

参考:
アンク十字

下画像: MARS 2009年 NASA撮影

#20141031_009

彼らの手口をおさらいしてみよう。

真実を隠蔽して偽情報を垂れ流す。

常に洗脳工作に余念が無く、自作自演の猿芝居。

偽善者である正義の味方と悪役を創りだして、一般大衆に対立と憎悪を生み出す。

戦争に持ち込み、自由と正義の名の下に自らの支配下に収める。

昨今のオバマとISISの関係を思い浮かべると理解しやすいと思う。

参考:
自作自演

下画像:APOLLO8 撮影
#20141031_013  


冷静に考えてみると、「レプティリアン=悪」が定着しすぎてはいないだろうか?

実は、ここに落とし穴があると考える。

似た様な身近な事例として朝鮮人が挙げられる。

北朝鮮・韓国・在日。

日本を含め、これらの支配者層はお友達である。

対立を煽られているのは、一般民衆。

彼らは善悪大逆転のすり替えが上手い。

参考:
1%の支配者層 ・ 李氏朝鮮

下画像:APOLLO8 撮影 (矢印部拡大)
#20141031_016

中国に至っても良い印象を持つ日本人は少ない。

「中国=悪」 の洗脳工作が進んでいる。

狙いは第2次日中戦争。

御承知の様に、中国は世界一の多民族国家。

漢民族である中国共産党の支配者層に問題があるのであって、漢民族以外の少数民族は虐待されている。

この漢民族とて、被侵略の歴史を持っている事に留意しなくてはならない。

したがって、漢民族=悪 も稚拙な判断である。

世界中に似た様な事例は多々見受けられる。

参考:
苗族 ・ 漢民族の実態

下画像:2005年グーグルアース
#20141031_19


この様な状態を省みると、「レプティリアン=悪」 は明確な根拠が無い。

地球に住むホモ・サピエンスをひとくくりにして、善か悪かを議論しても無駄な事であるのと同じ事。

即ち、爬虫類型人類であるレプティリアンの中にも善悪があると考えるのが自然ではないだろうか?

確かに西洋におけるウィンザー家の歴史は、まさしく偽善者の歴史であり侵略と殺戮の歴史である。

黄色人や黒人を虐げて来た白人のイメージは総じて良くない。

参考:
ディノサウロイド  ・ 人間の祖先は恐竜だった?

下画像:2005年グーグルアース拡大(N20°25′28.64″ E136°04′40.99″)
#20141031_20


皆さんは、黒人が白人や黄色人を大量虐殺した話を聞いた事があるだろうか?

黄色人種は白人や黒人との混血もあり、優勢遺伝子である事もあって単純には言えない部分もある。

しかしながら、少なくとも多くの他民族を受け入れて混血してきた日本人には共存共栄の精神が残っている。

我々日本人は、地球人類の統合に大きな役割を担っている。

私の結論としては、東洋と西洋は全く異質と考える。

思い出してほしい。

真のユダヤ民族は黄色人種であり、偽ユダヤは白人。

さながら、漢民族の一部と在日朝鮮人は偽黄色人種であり偽日本人でもある。

偽物は悪との混血を繰り返している。

支配者層は近親交配によって血統を保っている。

この支配者層とて、彼らにとっては競馬の馬なのである。

参考:
サイコパス ・ 白人はなぜ白人か

下画像:APOLLO16 撮影
#20141031_25


一万五千年前、縄文時代の日本列島に舞い降りた神々。

地球大変動の後、シュメールにて文明再興。

メソポタミア、エジプト、インダス、黄河に文明の礎を築く。

その後、メソアメリカ、マヤ、アンデスへ。

これらの偉業は主に東洋が残した痕跡である。

この痕跡を徹底的に破壊してきたのが、西洋である。

成り済ましの偽レプティリアンこそが諸悪の根源と推察する次第である。

参考:
人類史の解説と一考察

下画像:APOLLO16撮影 (矢印部拡大)
#20141031_27


日本列島は東洋のレプティリアンの本拠地。

龍神であり、スサノオであり、国常立尊である。

今回は書かなかったが、金星と水星にも重要なキーワードがある様だ。

五芒星と六芒星。

興味ある方は、是非ご自身で調べてみる事をお勧めします。

宇宙は私達のイメージとは全く異なります。

大気圏を抜けると太陽は見えません。

太陽の温度が30℃弱しか無い事は、天文学者の常識でもあります。

それでは、そろそろ大暴走した支離滅裂な個人的妄想を終了します。

ワクチン接種に注意しましょう。

おまけ:
不思議net







アメブロ版⇒http://ameblo.jp/bishamonten337/
スポンサーサイト

七福神と7人の天使

七つの封印-未来人からのメッセージ

ピラミッドとストーンサークルは異次元通信装置なのか?


妄想ブログ読者の皆さん、こんばんは。

大統領の批評をするだけで、名誉棄損。

日韓共通の支配者層は、相変わらずの茶番劇を演じております。

改めて申し上げるまでも無く、日韓のメディアが双生児である事を再認識しましょう。

忘れられる権利は要注意です。

実に素晴らしいタイトルの記事がありましたので、ご紹介させて頂きます。

国会の茶番、デング熱とエボラ、香港、そして御嶽山と台風と、皆既月食とトルコ。


#20141010_00


さて、前回の”七つの大罪”に続きまして今回は”七つの封印”。

七つの封印とは
ヨハネの黙示録第6章の記述である。

七つの封印を開く⇒7人の天使がラッパを鳴らす⇒太陽の女神出現⇒世界を支配する獣出現

⇒7人の天使が神の怒りの鉢を傾ける⇒イエス・キリスト再臨⇒獣との戦いに勝利⇒神とイエスの支配する世界へ

太陽の女神は天照大神であり聖母マリア。

世界を支配する獣は、ルシフェルでありルシファー。

新約聖書なので、ルシファーでありサタンでありスサノオであり国常立尊である龍神(ドラゴン)は、獣とされている。

ポイントは、太陽の女神が出現したら拝まないと皆殺しになってしまう事です。

参考:
仏教と天使についての小検討

下画像:ツタンカーメン王の棺から発見されたラッパ(エジプト考古学博物館所蔵)


#20141013_03


即ち神と偽イエスの支配する世界とは、従属し崇拝しないと存在が許されない世界。

己を神と宣言し、従属を要求する輩が善の神なのだろうか。

先月、私は師匠と数年ぶりに対話する機会に恵まれた。

以下、師匠との対話の要約を記す。

基本的には、神界(天界)すらも
六道輪廻のシステムに組み込まれているに過ぎない。

この輪廻の浄化システムにより、波長の高まった魂は六道輪廻界から抜け出して別次元へと進む。

観音界は六道輪廻界に関与が可能である様だ。

目的は浄化の為の救済。

仏界は観音界とは異なる。

慈悲の心で満ち溢れる仏界は、六道輪廻界に直接関与は不可能。

仏界は観音界を通じて六道輪廻界に間接関与されている。

参考:
臨死体験まとめ

下画像:六道輪廻図(宝頂山石刻)


#20141013_06




突然ですが皆さんは、盲亀浮木の譬(もうきふぼくのたとえ)を御存知でしょうか?

人間として生まれる難しさ。

日本人として生まれる意味。

「自分は何の為に生まれて来たのか」は誰しもが一度は脳裏を過ぎるテーマです。

私も人様の事は言える状態ではありませんが、怠惰に時を無駄に過ごす事が贅沢に思えてなりません。

奇跡と偶然は、確率論では解決しないのです。

参考:
お釈迦様が本当に教えたかったこと

下画像:ラッパ型土器(福岡県筑前町出土)


#20141013_04



地球における六道輪廻転生システムは、無限の天地によって構成されている。

つまり、周波数の違いによる異世界。

この異世界は、平行世界でありパラレルワールドとも呼ばれている。

タイムマシーンとは空間物質の振動周波数を変化させて、異空間への次元トンネルを生成する事の様だ。

フィアデルフィア事件は有名である。

異次元への移動は意識のみの転移とも言われている。

夢は最も身近な意識のトラベルではなかろうか?

ワープ航法とタイムマシーンの開発は既に実用最終段階にあるとも噂されている。

この分野でもヒッグス粒子で知られるCERNにて、影ながら日本が重要な役割を果たしている。

ピラミッドやストーンサークル等は、次元移動装置・重力コントロール装置・宇宙エネルギー集積装置と言った説もある。

参考:
ワームホールと臨死体験

下画像:
欧州原子核研究機構



#20141013_08



時間旅行に付きまとうタイムパドラックスは、パラレルワールドの理論で解決可能と言われている。

物理学の世界では、パラレルワールドという言葉は使わない。

もっぱら、
多元宇宙論・マルチバース等の用語が主流である。

以前も書かせてもらったが、異次元世界については
リサ・ランドール博士が第一人者である。

文明の急速な発展は、未来人による技術提供があるとも噂されている。

未来人の第一人者は、ご存知ジョン・タイター

日本が驚異的なテクノロジー国家である秘密は、案外未来人が訪れやすい環境なのかも知れない。

このタイムトラベルも、六道輪廻界である地球の中の人間界に限っての平行移動に過ぎないのであろう。

ワープも基本的には同様の理論と推察される。

何れにせよ肉体を伴う以上、3次元物質世界から逃れる事は困難かと思われる。

現世に居ながらして異次元世界と交信可能なのは、シャーマンをおいて他ならない。

日本は現代社会最後のシャーマニズムの聖域が存在する。

当ブログ推奨論文: 
クリック (PDFの為、少々時間を要します)






近年の天変地異や戦争・紛争の発生時には、未確認飛行物体が出現する傾向にある。

既に御存知の方が多いと思われますが、御岳山噴火時や香港民主化デモ時に現れた未確認飛行物体。

これらは世界的にもニュースになっている様だ。

勿論、日本のマスコミは報道する訳がありません。

皆既月食観測時にUFOの目撃情報が多発した様です。

以前も申し上げましたが、私は中学生の時から月面の未確認飛行物体を何度も見ております。

天体望遠鏡を準備されれば、何方でも頻繁に観測できます。

満月時は輝き過ぎて観測には不向きだと覚えておいて下さい。

参考:
UFO宇宙船推進原理の研究

下画像:ブラジル(ウイルソン・エステバノビック自然史博物館所蔵)


#20141014_01




話は飛びますが、広島県
安佐南区

平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害は記憶に新しい。

この安佐南区川内に
蓼丸(たでまる)という大変珍しい姓がある。

日本全国でも安佐南区
川内にしか無い姓である。

今年の紅白の司会が決まったそうである。

女性司会者の父親の出身地は広島県。

苗字から推察されるルーツは、呉市音戸町早瀬(倉橋島)旧名瀬戸島。

そう言えば、過去記事を思い出しました。

過去記事:
ちきゅう号と南朝

下画像:
桂浜神社 (本殿は国の重要文化財)


#20141013_01



デング熱騒動も一段落したかの様に感じられますが、依然としてお隣の中国では猛威を振っております。

来年はエボラ騒動にならない事を祈るばかりです。

参考:
デング熱感染者が3万人を突破、10月末までに5万人超える恐れも=中国・広東

北朝の十八番、影武者とすり替わったかも知れない金正恩の行方不明騒動は一段落。

台風19号も去りました。

そろそろ波長の違いによって個々の未来が多様化しそうです。

異次元世界への扉を開く為には、「石」と「音」がキーワードとなります。

今回も妄想にお付き合い頂きまして、ありがとうございました。

おまけ:
七つの封印



検索フォーム
プロフィール

kenshin_bishamonten

Author:kenshin_bishamonten
BLOGZINE版及びアメブロ版読者の皆様へ

アメブロ版のミラーブログでしたが、諸般の事情により2013年9月以降新規更新はFC2版にて行います。
今後とも宜しくお願い致します。

毘沙門天謙信

最新記事
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
フォローお待ちしております
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

77位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
3位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

煩悩くん フルスロットル

高度自給自足時代の夜明け 【先進国の未来像】

MAGICA魔法入門カバラ~真を見抜く法

朝霧の中で
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。