スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨と賀茂-トーテミズム五族

牛族と馬族のルーツと「賀」の謎

「一」・「壱」・「委」・「伊」・「倭」は犬(狗)族の象徴なのか?

読者の皆さん、こんばんは。

前回の記事では、五族を紹介させて頂きました。

日本古代史より現代まで続く氏族。

この氏族と五族、即ち牛族・蛇(龍)族・鳥族・犬族・馬族との関係について妄想をしてみたいと思います。
#onigawara


先ずは、賀茂氏

賀茂氏は、漢字を見ると一目瞭然です。

「茂」は「戌」を意味します。

参考:日本十二支学会

よって迷う事無く犬族です。

補足させて頂きますが、「犬」は「狗」とも表記される事を付け加えさせて頂きます。

では、「賀」は何を意味するのでしょう?

日本には、今でも「賀」の付く地名が沢山あります。

伊賀・甲賀・雑賀・滋賀・佐賀・敦賀・加賀・横須賀・・・

この「賀」は「鹿」より変化してきた文字との説があります。

余談ですが、「加賀」だけは別の意味がある様です。

「カガ」は蛇を表します。

「カカ」も同様です。

田んぼに見られる「カカシ」。

鳥から稲を守る為に「カカ」即ち蛇を見張りに付けるという訳です。

「カカシ」の由来も複雑で少々驚きました。

何れにしましても、日本でもイギリスでも先住民と思われる蛇族は同じ運命を辿っております。

(下画像:スコットランド先住民族、ピクト族の石碑)

参考:ピクト族・消え去った先住民

#pikuto

話は戻ります。

「賀」が「鹿」と同じ意味を持つならば、馬族系鹿族に分類されます。

つまり、賀茂氏とは馬族系鹿族と犬族の混血とも推察可能です。

その一方で、「賀茂」は「鴨」とも表現されております。

「鴨」は何族でしょうか?

一見、鳥族に感じられる方が多いかと思われます。

実は、「鴨」は「甲」と「鳥」。

即ち、蛇(龍)族系亀族と鳥族の混血と解釈可能です。

気が付きますと、「賀茂」とは4系統の集合体である事が理解できます。

(下画像:出雲沖海底遺跡の亀石)

参考動画:「神々の海日御碕」海底遺跡

#izumo_kameishi

しかしながら、今一つ釈然としません。

「賀」の正体が気になります。

そこで、朝鮮半島若しくはアジア大陸に目を向けて見る事にします。

「賀」の地名は見つかるのでしょうか?

少々時間を要する様なので、次回までの宿題にしたいと思います。

読者の皆様方からの情報もお待ちしております。

ところで、冒頭より申し上げております五族。

紀元前、中国東北部に扶余 (ふよ)という国がありました。

(下画像:2世紀頃の極東アジア)
#fuyo3

この扶余国の官名をご紹介したいと思います。

出典は、「魏志扶余伝」、一般には「三国志東夷伝 」と呼ばれております。

一部翻訳を抜粋させて頂きます。

”国には君主がいる。官名には、皆六畜の名を持って付け、馬加・牛加・豬加・狗加・大使という。”

尚、原文と翻訳の全てを確認したいマニアックな方は以下をご参照下さい。

参考:扶余伝

畜名の後に付く「加」。

「賀」と「加」・・・
#unma

(上画像:シュメール都市国家、ウンマ遺跡)

最後になりましたが、古代シュメール文明最古の都市国家である「ウル 」。

「ウル」はシュメール語で「牛」を意味します。

そして、同じくシュメール文明都市国家「ウンマ 」。

この「ウンマ」が「馬」を意味するのです。

そして、現在判明している世界最初の戦争が紀元前2450年頃の「ラガシュ ・ウンマ」100年戦争。

ウルの都市神は、月の女神ナンナ。

牛と月の女神との関係は、5000年の時を超えて現代まで続いているのです。

最後まで妄想にお付き合い頂きましてありがとうございました。

おまけ:銅鐸の模様



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

kenshin_bishamonten

Author:kenshin_bishamonten
BLOGZINE版及びアメブロ版読者の皆様へ

アメブロ版のミラーブログでしたが、諸般の事情により2013年9月以降新規更新はFC2版にて行います。
今後とも宜しくお願い致します。

毘沙門天謙信

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
フォローお待ちしております
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

煩悩くん フルスロットル

高度自給自足時代の夜明け 【先進国の未来像】

MAGICA魔法入門カバラ~真を見抜く法

朝霧の中で
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。