スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽(鳥トト様)と月(蛇カカ様)

五族シャーマンが交信する天空の神々

幻の縄文先史文明は日月信仰だったのか?



読者の皆さん、こんばんは。

今回も深夜の個人的妄想をお楽しみ下さい。

国会では、いじめ防止法案が可決された模様です。

言うまでも無く、一部の権力者達による一般民衆の奴隷化推進が「いじめ」なのです。

拝金至上主義の現代文明の構造そのものが、「いじめ」の源である事は否めません。

社会全体に「いじめ」の構造が蔓延している以上、子供達の間に「いじめ」が無くなる事はあり得ないと思われます。

子供達は親を見て、社会を見て育つのが一般的なのです。

裏を返せば、世の中が狂っているだけであります。

嘘が堂々と蔓延り、正直者は疎まれて罰せられるアベコベ社会なのです。
 
#emishi

先進国諸国が民主主義国家と認識するのは誤りです。

悪法が成立した後に、政権交代があっても悪法は存続するケースが多いのです。

民主主義という建前で権力者達は保護されているのです。

つまり、極めて少数の王族・貴族の血統が、女王蟻や女王蜂なのです。

その他は働き蟻、働き蜂です。

あくまでも基本は、絶対王政の延長線なのです。

参考:社会性昆虫 
 
#ari

さて、今回は五族と星信仰について確認してみたいと思います。

妄想の根拠を記事にしますと、一冊の本になってしまいますので詳細は省略させて頂きます。

アセンション系やスピチュアル系で、登場するシリウスとプレアデス。

北辰信仰の源である北極星・北斗七星。

更には、オリオンも話題にされることが多いです。

何故、これらの星々は話題に成りやすいのでしょうか?

それは、トーテミズム5族が信仰している星々だからと思われます。

近年派生した新興宗教も金儲けの道具として便乗しておりますが・・・

牛族は牡牛神信仰、即ちプレアデス・昴。

スサノオ神、蘇我氏と関連があります。

牛族は何故か鬼扱いされているケースが目立ちます。

ホピ族 は牛族末裔。

(下画像:ポピ族)
 
#hopi

蛇族は北辰信仰、即ち北極星。

ニギハヤヒ、物部氏と関連があります。

三輪山は蛇族の聖地でしょうか?

犬族は原始ユダヤでシリウス信仰。

秦氏と関連がある様です。

因みに、卑弥呼は犬族と思われます。

犬族の場合、エジプトでは獅子、アジアでは狼、日本では狐となっている事に注意が必要です。

ドゴン族 は、犬族末裔。

ワイハタ族もシリウスを崇めている様です。

(下画像:ドゴン族
#dogon002

馬族は蛇族と同様に北極星信仰ですが、龍との関係は薄い様です。

代表格は藤原氏。

この様に考えますと、鳥族の見当がつきません。

縄文先史文明では、太陽と月の両方が信仰されていたと考えられます。

太陽が「トト様」で鳥であり鶴。

月が「カカ様」で蛇であり亀。

古代エジプトとも深い繋がりがある様です。

参考:アジア神仙思想が生んだ鳥と蛇の合体神

(下画像:太刀割石 茨城県日立市 竪破山 )
#ware

つまり、超古代の日本列島は日月信仰。

やがて、シュメール系の牛族が渡来。

蛇族がルーツの物部氏と共に出雲朝の中核をなすのです。

その後、犬族によって倭国の統一が進みます。

犬族は日月信仰を継承。

飛鳥時代の幕開けとなるのです。

北方騎馬民族は、北陸や関東に上陸。

(下画像:ハニ(アカ)族の鳥居)
#aca

白村江の戦いに敗れた倭国。

以降、唐の中核である武川鎮軍閥 (ぶせんちんぐんばつ)によって日本国が誕生。

日本列島の先住民でありアラハバキ神を信仰していた人々は、インディアンやマヤ族と同様の運命を辿るのです。

縄文系は北へ南へと駆逐、若しくは同化されたと推察されます。

参考:魔界と異界 坂将軍と悪路王

(下画像:縄文時代の出土品 北海道礼文島 香深民俗資料館)
 
#rebun

縄文人が信仰していた日月。

鳥(トト)と蛇(カカ)の一元化された神が龍神と解釈する事も可能かと思われます。

アラハバキ神は、龍神では無いでしょうか?

マヤの最高神、ククルカン は羽毛のある蛇。

ククルカンも、龍なのかも知れません。

(画像下:ククルカン)
#kukuru01

忘れておりましたが、プレアデスの七人姉妹を追う狩人オリオン。

ピラミッドのオリオンミステリー。

軍神マルス。

最後に、ピラミッドのある「カイロ」が火星を意味している事を再確認して今回の妄想にピリオドを打ちたいと思います。

最後まで妄想にお付き合い頂きましてありがとうございました。

おまけ:CHICHEN ITZA



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

kenshin_bishamonten

Author:kenshin_bishamonten
BLOGZINE版及びアメブロ版読者の皆様へ

アメブロ版のミラーブログでしたが、諸般の事情により2013年9月以降新規更新はFC2版にて行います。
今後とも宜しくお願い致します。

毘沙門天謙信

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
フォローお待ちしております
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
4位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

煩悩くん フルスロットル

高度自給自足時代の夜明け 【先進国の未来像】

MAGICA魔法入門カバラ~真を見抜く法

朝霧の中で
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。