スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手宮洞窟とフゴッペ洞窟を訪ねて(前編)

封印された北海道の超古代史

縄文文化とは、東日本及び北日本を中心に発展した地球先住民の文明なのか?

アメブロ読者の皆さん、こんばんは。

またしてもご無沙汰してしまいました。

爪に火を灯す様な更新頻度の当ブログ。

今回は今月初旬に訪れた手宮洞窟とブコッペ洞窟を記事にしたく思います。
 

#shinsou

先ずは北海道小樽市にある手宮洞窟。

手宮洞窟は、手宮公園の隣にあります。

現在、手宮公園は北海道で最初の鉄道駅が設置された場所として鉄道マニアには無くてはならない地でもあります。

公園内には、鉄道博物館もありSLも園内を走行します。

それでは早速、手宮洞窟に行ってみましょう。

山の麓の白い屋根の建物で、洞窟壁画は保護されております。


01temiya.jpg



手宮洞窟保存館です。

入口のドアの模様が雰囲気を盛り上げてくれます。

朝の開館時間と同時の入場でしたので、誰もおりませんでした。


temiya004.jpg



受付の方に尋ねると、写真撮影OKとの事。

見学料金100円を支払って入場しました。

元々、この辺りは海岸だった様で埋め立てられた事が判りました。

下の写真は明治13年頃の手宮海岸であります。


temiya005 (2)



次の写真は明治17年頃の埋め立て後の様子です。

鉄道らしきものが写っております。

それにしても風景が一変してしまいました。

この洞窟壁画のある地に、何故駅が出来たのでしょうか・・・ 



temiya006.jpg



大正11年には、当時の皇太子でもあった昭和天皇が、洞窟を視察に訪れておりました。

これは現地に赴かないと得る事の出来ない情報でした。

ご訪問の目的は何だったのでしょうか?

読者の皆様方は、昭和天皇が何処におられるか判りましたか?

temiya007.jpg


それでは、次に様々な方の壁画のスケッチをご紹介します。

私は絵が大の苦手なので、スケッチは無理でした。

最初は、ジョン・ミルンの壁画模写図(明治13年)
 
temiya008.jpg 


次は同じく明治13年、開拓使による壁画模写図


temiya009.jpg



ショイベ博士による壁画模写図(明治14年)


temiya10.jpg 



皆さん、スケッチが上手です。

中でも、下画像の菊池さんの壁画模写が気に入りました。
 

temiya11.jpg



洞窟全体の壁画は、どうなっているのでしょうか?

電光パネルで表示されておりました。

率直な感想を申し上げますと、この壁画は文字ではないと思います。

私には、別世界の生命体にしか見えませんでした。


temiya011.jpg

洞窟の岩肌そのものは、ガラス板で仕切られておりましたので近くで見る事も触れる事も叶いませんでした。

何枚か撮影を試みましたが、反射して上手く撮れませんでした。

一枚だけ、掲載させて頂きます。

 
#temiya0012 



良く判らないと思いますが、雰囲気だけは伝わったでしょうか?

実際に洞窟保存館の中は、薄暗くヒンヤリしておりまして、とてもカビ臭かったです。

私はアレルギー性鼻炎を患っておりますので、長居は出来ませんでした。

temiya013.jpg


せっかくでしたので、鉄道博物館に立ち寄って海外で活躍していたミニSLの方向転換の様子を見学させて頂きました。

この風景、機関車トーマスで見た様な気がします。

昔の人々の知恵に、改めて感服してしまいました。

詳しく説明して下さった、アイスキャンディー売りのおじさん。

ありがとうございました。

それにしても今朝は、酷い集中豪雨であります。

後篇に続きます。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

kenshin_bishamonten

Author:kenshin_bishamonten
BLOGZINE版及びアメブロ版読者の皆様へ

アメブロ版のミラーブログでしたが、諸般の事情により2013年9月以降新規更新はFC2版にて行います。
今後とも宜しくお願い致します。

毘沙門天謙信

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
フォローお待ちしております
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
4位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

煩悩くん フルスロットル

高度自給自足時代の夜明け 【先進国の未来像】

MAGICA魔法入門カバラ~真を見抜く法

朝霧の中で
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。