スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホモ・サピエンスとホモ・フローレシエンシス

ヤマナ族の仮装と手宮洞窟壁画

失われたムー文明の主人公はフローレンス人だったのか?


読者の皆さん、こんにちは。

日本列島に接近した台風27号と28号。

お馬鹿な私は、合体でもするのかと心配しましたが・・・

良く判りませんが、、二つの台風が相互作用する事を
「藤原の効果」と言うそうです。

記事:
ダブル台風の影響は?藤原の効果どうだった?

#suwa01


また「藤原」ですか・・・

少々気になって、調べて見ますと
藤原 咲平なる人物が登場。

最終的には、諏訪の地に辿り着きました。

諏訪神家藤原氏との関係は不明であります。

藤原(ふじわら)の正式なローマ字表記は、fujiwhara だそうです。

「ワラ」では無く、「ファラ」が原音だそうで・・・

きっと
ファラオとは無関係でしょう。

参考:
少彦名の舟

(下画像:福岡県うきは市、珍敷塚古墳(めずらしづかこふん))

#chin


さて、話が逸れまくりましたが本題に。

今回の記事タイトルの「ヤマナ族と手宮洞窟」。

初めて当ブログにお越しの方は、過去記事をご覧頂ければ幸いです。

過去記事:

お次は、ヤマナ族(yamana)。

ヤマナ族は、南アメリカ大陸の南端まで追いつめられたモンゴロイド系先住民族です。

残念な事に、生存者は1名だとか・・・

参考:
ヤーガン族

それでは改めて、手宮洞窟の壁画の一部を確認してみましょう。


#temi


過去記事でも書きましたが、私には宇宙人に見えて仕方ありませんでした。

しかし・・・

既に御存知の方多いと思いますが、ヤマナ族の仮装の画像をご覧下さい。


#yamana 


最初から強烈です。
お次も・・・
#yama2 


もう一枚。

唖然とします。
 

 
#yama3


凄すぎます。

おまけにもう一枚。

#yama4 



もしかすると、ウルトラマンと怪獣がアベコベなのかも知れませんね。

何れにしましても、手宮洞窟の壁画とヤマナ族の仮装がリンクした様に感じた次第です。

全く関係ありませんが、私が中学生の時にファンだった河合奈保子さんの娘さんが来月デビューするそうです。

kaho 『every hero short ver. ドラマ「ミス・パイロット」主題歌』

お次の話題は、前回記事で登場のメネフネ族。

このメネフネ族は、ハワイの伝説の小人ですが現在も立ち入り禁止となっている洞窟に住んでいるとの噂もある様です。
 
(下画像:ハワイ州カイワイ島マニニホロ洞窟)

#manini 

(下画像:ワイカナロア洞窟)
#waika2  



以前もお話しましたが、日本列島にもコロポックル伝説があります。

更に、
土蜘蛛と呼ばれていた人々もいた様ですね。

これらの小人先住民族は、近年話題になった
ホモ・フローレシエンシスだと推察されます。

つまり、現生人類であるホモ・サピエンスと小型人類であるホモ・フローレシエンスは全くの別種であります。
#furo

私の妄想ですが、小型人類ホモ・フローレシエンスこそがムー文明の中核を担っていたと思われます。

そのDNAは、メネフネ族や縄文人に受け継がれニヴヒ族や倭人へと引き継がれていったと推察されます。

ニヴヒ族は蛇信仰だった事が知られています。


#Niv


戦前は、現在のサハリン(樺太)及び千島列島、更には北海道東部にも居住していた北方オホーツク文化圏の先住民族だった様です。

ニヴヒ族の祖先が、北海道で出土される縄文土器を造っていたとの説もあります。


#nivi002


混同しやすいですが、ニヴヒ族はアイヌ族とは違います。

私はアイヌ民族は、印欧系アーリア人が祖先であるモンゴロイドの混血と思っております。

下の画像を見ても分かる様に、目鼻立ちや掘りの深さはモンゴロイドと思えません。


#ain



そろそろ本日のまとめに入ります。

先史文明であったムーは、ホモ・フローレシエンス中心のシャーマン信仰多神教、自然共生型文明。

現代文明は、先史アトランティスでもありホモ・サピエンス中心の唯一絶対神、マネー支配の物質文明。

残念ながら、現代文明はホモ・フローレシエンス(フローレス人)抹殺の歴史でもあるのです。

ホモ・サピエンス降臨の地が南アフリカとしますと・・・

ホモ・フローレシエンス降臨の地は、何処になるでしょうか?

(下画像:昭和57年11月、北海道空知郡長沼町より出土の縄文異形土器)
#ikei003

最後になりましたが、藤原氏とは中臣氏から分裂した政治を司る氏族。

祭祀を司るのは、同じく中臣氏から分離した大中臣氏

やがて大中臣氏は藤波氏へと変貌。

日本神道は藤波(フジナミ→トウハ→唐覇)氏が掌握。

まとまりの無い記事になってしまいましたが、そろそろ失礼させて頂きます。

最後まで、個人的な妄想にお付き合い頂きましてありがとうございました。

おまけ:先史文明の伝言と遺産










関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

怪獣の格好~南アメリカ・ヤーガン族~ウルトラマンと怪獣は逆?!

特撮の話ではないので、好きでない人も続きを読んで貰いたい。筆者としては特撮は苦手なのだが、色々な事に興味を持つ事こそが真実へ辿り着く秘訣という指針なので話を進めたい。 先日、「アメリカはエイリアンの支配層にコントロールされていると全世界で報道された 」という記事で、地球は背の高い白い宇宙人が支配しているという話をした。 筆者は即座にウルトラマンみたいな宇宙人に支配されているからこそ、...
検索フォーム
プロフィール

kenshin_bishamonten

Author:kenshin_bishamonten
BLOGZINE版及びアメブロ版読者の皆様へ

アメブロ版のミラーブログでしたが、諸般の事情により2013年9月以降新規更新はFC2版にて行います。
今後とも宜しくお願い致します。

毘沙門天謙信

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
フォローお待ちしております
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
3位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

煩悩くん フルスロットル

高度自給自足時代の夜明け 【先進国の未来像】

MAGICA魔法入門カバラ~真を見抜く法

朝霧の中で
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。