スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽信仰と消えた巨人族

原始と原子-無限ミクロと無限マクロ

メビウスの輪-輪廻転生-万物流転

惑星ニビルの正体は、暗黒天体ラジャ・サンだったのか?

読者の皆さん、こんにちは。

小人伝説から意外なヒントを頂き、トンデモ仮説が誕生した。

ホモ・フローレシエンシスがムー文明。

ホモ・サピエンスがアトランティス文明。

この様な妄想を膨らませた前回記事。
 
小人伝説もあるが、逆に巨人伝説がある事も再認識したく思う。

今回は、ムーの読者の方ならば初歩的な内容と思われる事についておさらいしてみたい。

#andesu666


当ブログにて、以前にもご紹介させて頂いた内容と重複する箇所がありますので、ご了承願います。

先ず、
太陽

この太陽が
恒星と呼ばれているガス天体である事は、いわばアカデミズムの常識とされている。

しかしながら、この太陽がガス天体では無く地殻天体であるとの説がある。

太陽が地殻天体である事は、天文学者やNASAでは常識とか・・・

トンデモ説で終わっては夢が無い。

この際、気になる最新宇宙論を列挙する。



1.太陽と生殖行為を行う「釈迦予言の暗黒天体ラジャ・サン」

#ajya


参考動画:暗黒天体ラジャ・サン

この暗黒天体の大きさは、木星クラスの様です。

受精により、太陽が細胞分裂を開始したとの噂もあります。

近い将来、新たな惑星が誕生するのでしょうか?

文字どうり母なる太陽です。

下の画像で、太陽と地球、そして木星の大きさを再確認しておいて下さい。

参考:
長さ100万キロ近くの太陽の亀裂の意味

#taiyoukei2013_1




2.土星に出現した巨大6角形。 


2013年春、土星探査機
カッシーニより送信されてきた画像が話題になっております。

この6角形は、地球4個相当の巨大台風との見解です。 

風速150mで、台風の眼は月がすっぽりと収まりそうです。

そもそも我々の住む地球を含めて、太陽系内惑星の殆どは内部がプラズマ亜空間構造。

地磁気とプラズマの相互作用にて、惑星極部に乱れが生じているとの見解もあります。 

参考:
土星の北極に30年以上存在し続ける、地球の倍の直径を持つ超巨大な六角形の台風

画像下:カッシーニ撮影、土星の北極部の6角形    


 
#dosei666



何故、六角形なのか不思議です。

ふと、蜂の巣も六角形である事を思い出しました。

雑学:
不思議な6角形蜂の巣

アカデミズムが説明不可能な現象は、宇宙にも身近な所にもある様ですね。

下画像は、カッシーニが2013年7月19日に14億4000万キロ離れた土星上空から地球を撮影。

光り輝く地球と、対照的な月が一緒に映っております。


#dosei7

参考動画:NASA公開、土星の北極部の嵐




3.太陽の真の姿、それは陸地と海が存在する地殻天体


冒頭でも触れましたが、太陽がガス天体では無く地殻天体であるとの噂。

私にとって、大変に興味深い話題であります。

太陽に海と陸地が存在するならば、当然ながら文明も存在している可能性があります。

その文明は、太陽系内で一番進化した文明。

そして、太陽の住人達は巨人族かも知れません。

参考:
神々と巨人族

#giants


謎のソーラークルーザーも、太陽巨人族の乗り物かも知れませんね。

そう考えますと、太陽神のルーツが、太陽文明である事に気が付きます。

私は、ピラミッドの建設者が巨人族と妄想しております。

参考:
ロシア隕石と火の鳥(天使型ソーラー・クルーザー)

#giants001


そもそも太陽は高温では無く、太陽の光が地球の大気圏との摩擦によって熱を発生させているに過ぎないとの説もあります。

素晴らしい考察している記事を見かけたので、紹介させて頂きます。

この記事より、太陽信仰と蛇信仰の関連性のヒントを得る事が出来ました。

参考:
紫外線で見た太陽画像の不思議

下画像はシュメール粘土板です。

椅子に座っているのは、巨人族でしょうか?

giants_sumeru.jpg 

ガイア理論において、私達の住む地球が生命体である事は以前にもブログにて紹介させて頂きました。

太陽が母であるならば、暗黒天体ラジャ・サンは父です。

そして、新たな天体の誕生は太陽系の惑星にとって新たな災いにもなるのです。

今回も妄想にお付き合い頂きましてありがとうございました。

闇は光を、日は陰を探す。




     

次回検証

4.地球、火星、水星、金星は全て木星に存在する巨大火山クロノスから生まれた。 

5.木星、土星、海王星、天王星は全て太陽に存在する超弩級火山ヴァルカヌスから生まれた。


特別おまけ:最新宇宙論 ~宇宙の始まりと終わり~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

kenshin_bishamonten

Author:kenshin_bishamonten
BLOGZINE版及びアメブロ版読者の皆様へ

アメブロ版のミラーブログでしたが、諸般の事情により2013年9月以降新規更新はFC2版にて行います。
今後とも宜しくお願い致します。

毘沙門天謙信

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
フォローお待ちしております
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
3位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

煩悩くん フルスロットル

高度自給自足時代の夜明け 【先進国の未来像】

MAGICA魔法入門カバラ~真を見抜く法

朝霧の中で
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。