スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八幡山と十六菊花紋

 失われた聖櫃と天之浮船

日本列島はピラミッド巨石文明の総本山だったのか?


気まぐれ妄想ブログFC2版読者の皆様、ご無沙汰しております。
 
本日は、BLOGZINE版も100回目の更新をさせて頂きました。

ソチ五輪も本日、閉会式。

日本選手団は、冬季五輪史上最多のメダルを獲得。
 
来月11日にて、東日本大震災から丸3年が経過致します。

今更ながら「アルコールは煙草より有害」である事を学んだ昨今。

飲酒後に体内でアルコールの中間代謝物として生成される物質がある。

アセトアルデヒド

このアセトアルデヒドは、第4類危険物の特殊引火物でもあるのです。

参考:
アルコールによる健康障害

簡潔に申し上げますと、アルコールは極めて危険な発がん性物質と言えそうです。

2062年の未来人に感謝です。

それでは、本題に移ります。





御存知の方も多いと思われますが、八幡山十六方位ライン。

日本の超古代史の謎を解明する重要なキーワードのひとつでもあります。

この八幡山十六方位と神代文字を組み合わせる事によって、人類史の扉が開かれるとも言えるでしょう。

この十六方位が、十六菊花紋の由来とも言われております。

十六菊花紋にも北朝バージョンと南朝バージョンがある様です。

参考:
兵庫八幡山16方位ライン



#16houi201402


メンヒル・ドルメン・ ストーンサークル・・・

1万5000年前の縄文時代より、トロイ=バータラ核戦争まで続いた世界統一王朝。

日本列島は、太古より巨石文明の中心地。

そして、ピラミッド文明の総本家でもあるのです。

全てはオリオンミステリーへと導かれるのです。 

過去記事:
火星の衛星にも存在する立石(メンヒル) 




#kodai20140217
 


私達のDNAには、真実の人類史の記憶が刻み込まれております。

巨石文明はシャーマニズムそのものであります。

人類奴隷化を企てる者達によって歪曲された虚構の歴史。

彼らは、巨石文明の破壊とシャーマンの殺戮を約2800年以上も続けております。

そして、「
失われた聖櫃」と「天之浮船」を必死で探している模様です。


#TURUGI00



日本列島は、白村江の戦い以後は彼らの植民地となっている事は、ご承知かと思います。

即ち、偽藤原氏による1300年支配が続いているのです。

しかしながら、世界統一王朝の子孫は今でもシャーマンとして日本列島より世界平和の為に尽力されております。

神代文字を封印した真の理由は、彼らから「失われた聖櫃」と「天之浮船」を守る為でもあるのです。

多くの謎に満ちた古代日本史の本質は、真実の世界史若しくは人類史そのものと言えそうです。

下画像:兵庫県竹野町山中立石(メンヒル)


#TAKE



アッシリア、アーリア、漢人(アヤヒト)を操っていたのは誰か?

巨石シャーマニズム文明の完全消滅を悲願とする彼らとは一体何者なのか?

地球先住民でもある小人族(ホモ・フローレシエンス)。

後に入植した巨人族(ギガント)。

小人族と巨人族の融合(ホモ・サピエンス)。

そして、彼ら殺戮者達。

私も彼らの正体が本当にレプティリアンなのかと思った時期がありました。

神々が、絶滅したとされる恐竜とホモ・サピエンスのハイブリッドを創造したのでは無いかと・・・

今一度、冷静に考えてみたいと思います。

下画像:イラクのスターゲート入口か?



#IRAKU2014



本来、哺乳類も爬虫類もピラミッド型のカースト型社会は存在しておりません。

絶対者が存在し、個性を必要としない管理型の階級社会。

この様な集団社会を形成している生物を思い浮かべてみて下さい。

女王を頂点とするコロニー型の知的生命体。

ミツバチやスズメバチは、見事なカースト制度を構築しているのです。
 
勿論、蟻の生態も同様です。

参考:
ハチの世界の不思議アリの世界の不思議

特にシロアリは、高度に進化した社会構造の様です。

下画像:エジプトの壁画とエクアドルで発見された像


#hit201402_00




巨石シャーマニズム文明の完全消滅を悲願とする彼らとは、社会性昆虫とホモ・サピエンスのハイブリッドかもしれません。

地球は、その様な知的生命体の巣でもあり、餌になっているのかも知れません。

これも神々によって予め計画されていた壮大な実験に過ぎないのでしょうか? 

下画像:ジャワ島スクゥ寺院内のピラミッド遺跡 (マヤのピラミッドと酷似)
 #jawa2014_00


気が付きますと、無茶苦茶な妄想になって来ましたので、この辺りで深夜の妄想を終了させて頂きます。

最後になりましたが、八幡山(やはたやま)は八秦であり八羽田でもある。

八幡神社とも関係がありそうな気がする。 

八咫烏の由来は、八幡鳥なのか・・・ 
 
おまけ:
岩石写真集「磐座・巨石」













シロアリをもっと知りたい方へ

参考:
関わりが生みだす昆虫の社会性



お知らせ  

噂の真相-真実を追い求めて!
blogzine版  2月22日更新


トラッキング・システムと地球物理学兵器


















関連記事
スポンサーサイト

コメント

§ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

kenshin_bishamonten

Author:kenshin_bishamonten
BLOGZINE版及びアメブロ版読者の皆様へ

アメブロ版のミラーブログでしたが、諸般の事情により2013年9月以降新規更新はFC2版にて行います。
今後とも宜しくお願い致します。

毘沙門天謙信

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
フォローお待ちしております
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
3位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

煩悩くん フルスロットル

高度自給自足時代の夜明け 【先進国の未来像】

MAGICA魔法入門カバラ~真を見抜く法

朝霧の中で
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。