スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秀真伝-チタルとサホコ

太占七里結界・蛇巫(へびかんなぎ)三輪一族

益人・胡久美は蛇女神・卑弥呼の末裔だったのか?



読者の皆さん、こんばんは。

またも忘れかけた頃の更新となりました。

ここ北海道の記録的な長雨も一段落。

そろそろ夏本番の到来であります。

最近、ネットを賑わしている話題。

世界中で発生する子供の方向不明。

女子大生集団昏倒。

セクハラ野次。

不正選挙暴露で逮捕者。

偽情報満載の福島原発関連。

地味ですが、JR北海道の貨物脱線事故。

南北朝の熾烈な争いは、エスカレートするばかりであります。

個々に取り上げて掘り下げますと寝る暇も無くなりますので割愛させて頂きます。
 

さて、今回のお題は「チタル」と「サホコ」。

秀真伝に記載されている地名であります。

古事記と日本書紀には書かれていない国名変更の記述です。

以下、抜粋

チタル国 益人 胡久美

怠れば タマキネつけて

日高見国は ヤソキネに治す。

タカキネは 君の補弼と

タマキネは 生きて細戈

国を治す 宮津の宮ぞ

以上、抜粋終了
 
下画像:静岡県磐田郡水窪町出土 水窪石

#20140629_05

この記述の中の、チタル国。

そして、「タマキネは 生きて細戈」の細戈(サホコ)がポイントとなります。

長々と解説する事無く、川崎先生の要約を紹介させて頂きます。

益人(マスヒト)=国の司祭者

胡久美=古代の人名

タマキネ、ヤソキネ、タカキネ=古代の人名でキネは称号か?

下画像:ウズベキスタン国立歴史博物館所蔵


#20140629_13

以上を踏まえて

”チタル国の司祭者である胡久美が、政(まつりごと)を怠ったので、中央政府から指令がありタマキネが

チタル国と細戈(サホコ)国を統治するべく宮津(現在の京都府宮津市)に着任した。”

と解釈されている。

下画像:山口県彦島 線刻石

#20140629_03

千足(チタル)国は、後の因幡。

細戈(サホコ)国は、後の出雲。

重要な事は、国名の変更は統治者の変更を意味する為である。

チタルは、古代日本語で紐石。(羽織の紐の事を昔は”チ”と言い、朝鮮半島では石をタルと言う)

つまり、投石弾兵が配備されて治められていた国。

下画像:クエート ファイラカ島遺跡

#20140629_08


因みにチタル国の隣は伯耆国。

語源はセム語系で、扶余・高句麗語の伯固(ハクコ)に由来し”武士”を意味する。

武士を意味する伯耆(ハクキ)を邪馬台国では穫支(カッキ)と表記。

伯耆は「ほうき」であり「ハクキ」である。

ここまで真面目に読んで頂いた、忍耐強い読者の方は少ないと思います。

下画像:カザフスタン セントラル国立博物館所蔵

#20140629_06

懲りずに読み続けたい方のみ、もう少しお付き合い願います。

つまり、サホコは細戈にあらず。

扶余・高句麗語で表記すると蛇・伯固(サ・ハクコ)がサホコの真意。

即ち、蛇女神信仰の武士集団。

私が、何故「チタルとサホコ」に拘ったかの妄想の始まりはこれからです。

下画像:トルクメニスタン出土 シャフハウゼン博物館所蔵 

 
#20140629_04

牡牛神信仰と蛇女神信仰は、シュメールへと遡ります。

牡牛神ハル。

蛇女神キ。

改めて申すまでも無く、七枝樹二神信仰。

古代中国大陸では牡牛神ハルを「白」又は「伯」。

蛇女神キを「其」。

伯耆の国は、七枝樹二神の国とも言えそうである。

牡牛は3枝で蛇女神は4枝を意味する訳だが、武三四(ムサシ)とも関連がある。
 
下画像:春日神鹿御正体

#20140629_10

蛇女神信仰のシャーマンだった邪馬台国の卑弥呼(倭迹迹日百襲姫命)

牡牛神(スサノオ)信仰だった倭王。

倭王は、古代天皇家でもある。

天皇家の本来の姓は、阿毎(アメ、アマ)。

阿毎は天(アメ、アマ)である。

参考:
阿毎氏

下画像:イラク出土 メトロポリタン美術館所蔵

#20140629_07

偉大な王であった阿毎多利思北弧。

阿毎多利思北弧は、アメノヒホコでありツヌガアラシトでもある。

北九州及び朝鮮半島南部を主な拠点とした倭国。

大宰府は、阿毎王朝であり九州天皇家でもある。

因みに、聖徳太子とは阿毎多利思北弧の王子だったと思われる。

阿毎氏は
原氏へと改姓。 

下画像:ヤンゴン国立博物館所蔵 


 
#20140629_11

日本列島の支配者は阿毎氏(原氏)。

かつて縄文シャーマニズムは、ワン・ワールドを形成。

地球規模の天変地異で離散した、超古代の天皇家。

シュメール、インダス、エジプト、中国での文明再建事業。

再び日本列島を拠点に、牡牛神と蛇女神が合流。

七枝樹二神は、ワン・ワールドの復活を至上命題としている。
 
下画像:ベトナム国立歴史博物館所蔵


#20140629_12


牡牛神と蛇女神。

太陽と月。

シリウスとプレアデス。

人類史は謎に満ちております。

遮光土偶は天神。

今回の妄想は、この辺で。

おまけ:
7章 日本書記論












関連記事
スポンサーサイト

コメント

§ 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

§ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

§ Re: タイトルなし

yuka様へ

ご無沙汰しております。
メッセージありがとうございます。
やっぱり夏は良いですね。
私は日本の四季それぞれの風情が好きですが、夏は特に意識が開放的になります。

私達が本当の歴史を知る必要があるのは、同じ過ちを繰り返さない為でもあります。
大宇宙の真理に到達するまでは、神は何度もチャンスを与えて下さっております。
自然との調和と文明の共存は、天地と智の融合であり「和」でもあります。

未来へ向けてのビジョンは、己の進むべき道の方向性でもある訳です。
己を過信する事無く謙虚な姿勢で、正しい知識を習得しなくてはいけません。
そして自らを戒めながら正しい道を歩む事です。

溢れかえる情報に惑わされる事無く自分の信じた道を歩む為には、困難が付きまといます。
しかしながら、迷った時には魂の声が聞こえてくるものです。

次代を担う子供達に、しっかりと正しいバトンを渡すのが私達のお役目でもあります。
宇宙の真理を理解する為には、地球意識の統一が不可欠であります。
私達日本人が担う使命は重要です。

誰もが真の輝かしい未来を意識出来る様な環境を構築する事。
その為には、自らの魂をしっかりと浄化する必要がありますね。

意識エネルギー伝わってきます。
これからも一緒に頑張りましょう(^_^)/

毘沙門天謙信

§

こんにちは!お元気そうでよかった!お忙しい中、いつも返信をありがとう。そう、おっしゃる通り。私たちが正しい歴史を知るのは同じ過ちを繰り返さないため。人類は何度も同じ過ちを繰り返してきました。もうこれ以上、人類も、地球も傷つく必要はないはずなのですよね。
先日、久しぶりにヒットの本を読みました。木内鶴彦の「臨死体験が教えてくれた宇宙の仕組み」と、小泉空弦の「サイキックアーマ」です。スピ系の本はいささか食傷気味だったのでこの2冊は新鮮で、そして真理でした。読み終えああとに久しぶりに透明感のあるすがすがしさを感じました。木内氏によると、なぜ人間は何度も地球に輪廻するのか、それは「四度目の破滅を回避するため」といいます。私もその通りだと感じます。毘沙門天謙信さまもおっしゃる通りです。
サイキックアーマは、憑依霊について詳しく書かれていました、また瞑想の方法も。本来、人間は地球の平和を誰もが願っているはずですが、それを構成している一人一人が自立して真理の道を歩かねばなりません。鬱病や神経を病む人間が多いのは、憑依されてることも多々だと、小泉氏はいいます。
ほとんどの人間が憑依を受けてることもあるのです。その憑依、まさに見えざる敵から自分を取り戻す方法が書かれていて、とっても面白かったです。
私は憑依なんて、弱い人間の言い訳だと思っていましたが、本を読んで実際に、かなり目から鱗でした。
この2冊は謙信さまにおすすめです。
私は新しい目標が出来ました。
これから育つ子供たちには、輝かしい地球を遺してゆくべきです。
今の大人のように、概念、常識、お金、物質、利権などで、がんじがらめになないように、もっと自由に魂の尊厳を教えてゆきたいと思っています。
子供たちこそ、地球の財産であることを忘れないように。
そして地球に生きる全ての生命に対して、人間が負ってる責任を忘れないように。そして私たち大人がもう一度、センスオブワンダーの心を思い出せるように。。
素敵な夏を過ごして下さいね!!

§ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

kenshin_bishamonten

Author:kenshin_bishamonten
BLOGZINE版及びアメブロ版読者の皆様へ

アメブロ版のミラーブログでしたが、諸般の事情により2013年9月以降新規更新はFC2版にて行います。
今後とも宜しくお願い致します。

毘沙門天謙信

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
フォローお待ちしております
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
4位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

煩悩くん フルスロットル

高度自給自足時代の夜明け 【先進国の未来像】

MAGICA魔法入門カバラ~真を見抜く法

朝霧の中で
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。