スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本列島の侵略者

百済人に抹殺された縄文人の末裔達


先住民であった土蜘蛛・熊襲・蝦夷の粛清と差別



アメブロ読者の皆様、こんばんは。


巷では、色々な噂が飛び交って日本が消滅しそうなムードではありますが、なんとか5月22日も無事に乗り切っております。


もしかしたら、私はアセンションに乗り遅れているのでしょうか・・・


何れにしましても、騙されて粛清されるのがアセンションではありませんので、注意が必要です。





噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)



さて、もう説明するまでも無く、この日本という国家は大陸と朝鮮半島での権力闘争に敗れ去った百済の末裔達によって1300年間以上支配されております。


”大化の改新”は日本列島が、百済王族である藤原一族の私物となるきっかけだったのです。


過去記事:新世界秩序を企てる闇の権力者達の正体


過去記事:日本を支配する闇の権力者達(1)


縄文人の末裔でもある日本列島の先住民は、彼らによって土地を奪われていきます。


官僚支配の源である律令制


先住民の土地を没収し、法と武力によって人民を奴隷化。


殺戮と略奪、逆らう者は粛清。


(下図は、三国志時代の日本列島)



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)




土蜘蛛(つちぐも)・・・・・日本列島先住民族の総称。


参考:古代土蜘蛛一覧


熊襲(くまそ)・・・・・・・・・九州南部が勢力圏の縄文人末裔。


ちなみに隼人族とは、藤原一族の軍門に下った熊襲の一部と言われております。


参考:隼人と熊襲征伐


蝦夷(えみし・えぞ)・・・・関東以北の東日本全域が勢力圏の縄文人末裔。


蝦夷と混同されがちだが、アイヌ民族は北方系との混血とも言われ、ルーツは縄文。


参考:蝦夷の民族性


いずれも、藤原一族が捏造した、古事記や日本書紀では野蛮で凶暴な原住民と記されております。


インディアンやマヤ族と同様の歴史と言えるでしょう。


(縄文人・インディアン・マヤ族らは、超古代文明の末裔と思われる)



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


古代天皇家は、百済王族によって神話とされ大和朝廷へと変貌を遂げていったのです。


日本列島の先住民族である縄文系民族は”神社”信仰。


大陸・半島からの流入民族は”仏教”信仰。


やがて、シュメールがルーツと思われるキリスト教も広まっていきます。


参考:謎のシュメール文明


我々の住む日本列島の住人のルーツは以下の様になります。


1.大陸での権力闘争に敗れた人々。(権力者一族)


2.大陸や半島から避難してきた人々。


3.超古代より定住していた縄文人の末裔達。


4.南方ルート及び、太平洋より移動して来た人々。


つまり、日本人とは様々なルートから移動して来た人々の集合体であるといえます。


長い年月の間には、あらゆる混血が進んだと推察されます。


まさに、日本人とは世界のハイブリット民族とも言えないでしょうか?


(YAP遺伝子につきましては、後日ふれたいと思います)


参考:YAP型遺伝子とワンダーラー


この様な背景があるからこそ、あらゆる宗教や文化を受け入れる事が可能となったのでなかろうか。


そして、共存共栄の精神である”和”の心が形成されていったのかと思われます。


古代天皇家を傀儡化し、大和朝廷を掲げて日本列島を制圧した百済王族の藤原一族。


やがて藤原一族の内部抗争。


権力闘争に敗れた新羅系や高句麗系も日本列島になだれ込みます。


更には大陸の権力者達も巻き込んだ熾烈な抗争へと発展していくのです。



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


この構図は、現代においても全く変化はありません。


権力欲の為に、恨み、憎しみ、怒り、裏切りが蔓延。


それが、嫉妬心や復讐心となります。


自己保身を案ずるあまりに恐怖に包まれます。


やがて怨念となって、現世の波長が低下。


その結果、この世の生き地獄が現れるのです。


日本列島の侵略者の正体は、自己中心的な利己主義から生じる権力欲と支配欲。


冷酷で残虐な、弱肉強食の闘争本能を持った”血統”にこだわる人間とは思えない生命体だと言えるのでは無いでしょうか?


彼らと争っては駄目です。


争いは、彼らの思う壺です。


結局は、再び恨みや憎しみを生みます。


感謝と思いやりの心をもって、共存共栄の道を進む事。


一人一人の想いが、地球と共鳴する事で浄化作用が発動され、素晴らしい世界になる事を願ってやみません。


今回も妄想ブログを最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

kenshin_bishamonten

Author:kenshin_bishamonten
BLOGZINE版及びアメブロ版読者の皆様へ

アメブロ版のミラーブログでしたが、諸般の事情により2013年9月以降新規更新はFC2版にて行います。
今後とも宜しくお願い致します。

毘沙門天謙信

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
フォローお待ちしております
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

72位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
4位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

煩悩くん フルスロットル

高度自給自足時代の夜明け 【先進国の未来像】

MAGICA魔法入門カバラ~真を見抜く法

朝霧の中で
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。