スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本神話のトリック

日本神話再検証!三貴子のトリック


天照大御神は男神なのか女神なのか?




読者の皆さん、こんばんは。


本日は、エイプリルフールです。


心ゆくまで妄想をお楽しみ下さい。


日本神話と言えば、イザナギ神とイザナミ神。



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


古事記・日本書紀・先代旧事本紀の何れも神代七代最後の神が、イザナギ神とイザナミ神。


参考:神世七代(かみのよななよ)


神々は一柱一代から二柱一代へと変化する。


即ち、男神と女神に分かれペアで一代。


ご承知の様に、イザナギ神が男神でイザナミ神が女神。


この二神から、アマテラス・ツクヨミ・スサノオが誕生。


即ち、三貴子 (みはしらのうずのみこ / さんきし)。


この三貴子の中で、スサノオが男神である事は異論が無いと思う。


問題は、アマテラスとツクヨミである。


アマテラスは太陽神。


ツクヨミは大陰神。


つまり、陰陽道の原点でもある。


スサノオは、大地を司る海神。(地球は海の比率が高く、水の惑星と捉える)


したがって、スサノオはアマテラスとツクヨミとは性質が異なる神と言えよう。


何故、二柱一代で定着した神々がアマテラスの代で一神に戻ってしまったのであろうか?


この不可解な現象は、難解であり日本神話最大の謎である。


何者かが、日本神話を意図的に改ざんし隠蔽工作をした疑いが濃厚である。



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)




この難題を解く鍵が、ツクヨミである。


三貴子のトリックは、ツクヨミの真実を追求する事で見破る事ができそうである。


しかしながら、ここに大きな壁が立ちはだかる。


三貴子の重要な一翼を担うツクヨミの研究資料は、殆ど存在しない。


もちろん、古事記・日本書記・記紀(先代旧事本紀)にも登場しない。


ツクヨミの物語が存在しないのである。


(画像下:トルコのエフェソスの女神像)


噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


定説では、ツクヨミはアマテラスの弟とされている。


ギリシャ神話では、太陽神はアポロで男神。


月神は、アルテミスで女神である。


調べるとわかる事だが、世界中の神話に登場する月神は女神である。


女性の体内時計は、月のサイクルに同調しているのです。


参考:月は太古、大地母神として信仰された



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


三貴子のトリックは、以下の様になる。


1.アマテラスとツクヨミのすり替え


2.ツクヨミを歴史から抹消


3.二柱一代を唯一絶対の最高神へ神格化


これらのトリックを見破る事が出来ると、謎解きは格段に楽になる。


勿論、皆さんの中には異論もある事でしょう。


所詮は、中年サラリーマンの妄想なのですから。


次回は、もう一つの封印された神々の歴史をご紹介したいと思います。


(スサノオではありませんよ)




噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)





(画像上:日光菩薩(赤)と月光菩薩(青))


それと、前回記事の補足ですがネオ満州を目論む勢力の聖地は、白頭山である事を付け加えておきたいと思います。


私が中学生の時、友達と一緒に天体望遠鏡で頻繁に月を観察しておりました。


よく月面を横切るUFOを見たものです。


やはりツクヨミは、かぐや姫なんでしょうかね・・・


お付き合い頂きましてありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

§ 1 ■無題

写真のエフェソスの女神像は、アルテミスといわれているものですよね。。。

って、この記事とはちょっと関係ない話ですみません。。。ペコリ・・・。

§ 2 ■ビンゴです(^o^)

お察しのとうり、、アルテミスです。
ブログの中に答えが書いてありますが、多分気が付く方は少ないと思いますよ。
年のせいか最近はブログ書くのも疲れます(>_<)

§ 3 ■Re:ビンゴです(^o^)

>毘沙門天謙信さん

コメントを書いた時点では、気づかなかったのですが、エフェソスって、アナトリア(トルコ)にあるんですね!
実は、私は、アナトリアの大地母神キュベレー(巣ペン語でシベーレス)に興味があって、調べていたときに、キュベレーの関連でアルテミスが出てきてこの像も見たことがあるんです。

でも、エフェソスのアルテミスと言われているのは知っていましたが、トルコだったとは・・・。ちょっと驚きです。

§ 4 ■Re:ビンゴです(^o^)

>毘沙門天謙信さん

何度も済みません。。。

何故、ここで、鬼束ちひろさんの「月光」.なんでしょう・・・?!
何か理由があるのでしょうか?

§ 5 ■女神って沢山いますネ・・・

トルコって親日国ですよネ。
イスラム圏の国々は、国旗に月のマークが入ってますよね。
調べると面白いかも知れませんね。

「月光」は、単に月にちなんだ曲って事で・・
深い意味はありません(^_^;)

§ 6 ■Re:女神って沢山いますネ・・・

>毘沙門天謙信さん

「ツラン」という言葉ご存知ですか・・・?
トルコも日本もツランの仲間なのだそうです。。。

この「月光」という曲の歌詞、かなり意味深なんですよ。。。
それで、以前から気になっていたので、毘沙門天謙信さんもそうかな・・・って思ったものですから・・・。

§ 7 ■無題

ツランは、シュメール語で「天の子」との意味があるそうですね。

ネオ満州と繋がるかもしれません。

当ブログでの選曲は、私個人の気まぐれで選曲してますが、基本的に波長が合わないと掲載しておりません。

何故か、記事を書くより選曲に時間がかかってしまいます・・・

それにしても、ひろみさんのブログ活動は幅広くて驚きました。

睡眠不足には気をつけて下さいね^^


§ 8 ■Re:無題

>毘沙門天謙信さん

いえいえ・・・たんにあっち首つっこみ、こっち首つっこみってやっているだけです。。。(笑)

>ツランは、シュメール語で「天の子」との意味

そうみたいなんですよね。。。
かなり意味深です!
世界を2分する大きな民族となるかもしれません。。。

「みち」という世界戦略情報誌があるのですが、そこの編集長が「ツラン」を研究されています。
http://michi01.com/

過去の記事が一部閲覧可能になっています。
また、掲示板にもかなり濃い情報があります。
http://michi2672.bbs.fc2.com/

私も独自で「ツラン」については一時期取り付かれたように調べていたのですが、最近は、控えています。。。
時々何かのきっかけがあると、検索してますが、流れに任せるようにしているんです、最近は。。。
まだまだ謎が多いんですよ、本当に。。。

「月光」の鬼束ちひろさんが、急に変わったということを気にしてブログに書いていた人もいました。
たしかに、途中から、何かに憑りつかれたんじゃないか、ってくらい、変化しています。
そのきっかけが、「月光」だったんじゃないか・・・って気が私ちょっとしているんです。。。


§ 9 ■ツラン系民族について

>ひろみさんへ

ふと思いましたが、ツラン系民族こそが縄文系なのかもしれません。

超古代に世界がひとつだった頃の中心地が日本列島だったと仮定すると謎が解けるかも知れませんね。

鬼束さんの噂は聞いておりました。
この曲で、月の女神とシンクロした可能性もありますね。

脳内の波長は周波数であり、同じ周波数帯の意識は文字や言葉が無くても意思疎通が図れるものと思っております。

逆に申しますと、文字や言語が異なる波長間の
コミュニケーションの機能を果たしております。

これは、神々の計らいでもあるのです。

低い波長の魂の救済の為に、文字や言語があると思っております。

なんか話が脱線してすいませんでした(^_^;)

§ 10 ■Re:ツラン系民族について

>毘沙門天謙信さん

私も、ツラン系民族が日本へやってきて縄文系民族になったのだと思っています。
また、日本へは、渡来の波が何度かあるので、そのたびに、ツラン系民族は、入ってきていると思います。

今日、去年の記事を気になって読み返していたら、こんな記事をチェックしているのに気づきました。
長い記事なので、斜め読みしたのですが、気になるキーワードがいっぱい出てきています。。。
『西王母(せいおうぼ)がヒッタイト王国のアリンナ太陽女神、あるいはその大祭司ではないかという推測を』
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11352541058.html

この記事の中では、原ハッティと縄文との関係が書かれてきますが、原ハッティはおそらくツラン系です。。。

チェックだけして、すっかり、記憶から抜け落ちていましたが、今日再度見つけることができてラッキーです♪

§ 11 ■原ハッティ

ハッティと八幡は繋がる様ですね。

やはりツランは、月神信仰です。

シュメール神話では、月神ナンナ。

エジプト神話の月神トト。

アッカド神話の月神シン。

「8」がキーワードですね。

§

太子が日本のヘブライ文化を抹消した200年後にハザールがユダヤ化しています。太子の意思によってロスチャイルド家が発生したと考えるのが自然です。全てはカバラ、菅原、カンバラ、陰陽道に沿って世界は動いています。ボノボとチンパンジーの行動習性の対比も正に陰陽道。ホモサピエンスとネアンデルタール人の思考習性の対比も全く同じ。この世にはネアンデルタール人のY染色体を保有している種がまだ沢山いて、彼らの存在が利害の不一致を発生させている。しかし人類は進化する為に毒をもって毒を制する3000年計画が進行しているのであーるd(^_^o)

§ >まれひと様へ

メッセージありがとうございます。

>人類は進化する為に毒をもって毒を制する3000年計画が進行しているのであーるd(^_^o)

人類は何故、進化しなくてはならないのでしょうか?
そして、進化の定義はなんでしょうか?

3000年計画の立案者にお会いしたいです(#^.^#)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

kenshin_bishamonten

Author:kenshin_bishamonten
BLOGZINE版及びアメブロ版読者の皆様へ

アメブロ版のミラーブログでしたが、諸般の事情により2013年9月以降新規更新はFC2版にて行います。
今後とも宜しくお願い致します。

毘沙門天謙信

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
フォローお待ちしております
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
3位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

煩悩くん フルスロットル

高度自給自足時代の夜明け 【先進国の未来像】

MAGICA魔法入門カバラ~真を見抜く法

朝霧の中で
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。