スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲荷神とピラミッド

禁断の歴史!

古代エジプトと日本の神々



稲荷神の正体はアヌビス神だっかのか?




アメブロ読者の皆さん、こんばんは。


春眠暁を覚えず・・・


最近は、帰宅後に猛烈な睡魔に襲われまして読書もままならず・・・


意識朦朧の中で、妄想を膨らませております。


当ブログにしては、珍しく更新頻度が高くなっておりますが気力・体力の消耗が激しいので、このまま持続出来るか否かはわかりません。


しかしながら、時間もあまりありませんので老体に鞭を打って更新していきたいと思います。



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


今回のお題は、稲荷神です。


皆さんも御存知の様に、稲荷大明神で白い狐がシンボルとなっております。


稲荷神社は、主に関東地方を中心に全国に広がっており、古来より日本で信仰されているのです。


また、京都の伏見稲荷大社が全国の稲荷神社の総本山となっております。


稲荷神は、秦氏の氏神でもあります。


参考:稲荷神  (下画像:伏見稲荷大社)



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


何故、これほどまでに狐は日本で信仰されてきたのでしょうか?


皆さんは、アヌビス神を御存知でしょうか?


あの、ピラミッドの壁画に描かれている神です。


参考:アヌビス



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


アヌビス神は、エジプト神話に登場する冥界の神です。


良く見ますと、尻尾は狐そっくりです。


後ろ足で持っている竹細工の様な物体は一体、何でしょうか?


赤いマフラーの様なものを付けてますね。


エジプトのカイロ博物館にも、アヌビス像がある様です。



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


どう見ても、私は御神輿に乗った狐に見えてしまいます。


皆さんは如何でしょうか?


一方のお稲荷様。



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


(画像上:愛知県豊川稲荷)


この豊川稲荷 の稲荷は、吒枳尼天 (だきにてん)であり古代インド仏教の女神を象徴する様である。


ヒンドゥー教では、女鬼。


彼らから見ると、鬼になってしまうのが世の常である。


さて、ネットを徘徊しているとこの様な、記事があった。


以下、抜粋させて頂きます。


女神がいて、その女神を世話する役が男性神であり、女神のお使いとして白キツネが門番をしているのが本来の姿。


女神は龍(白龍・黒龍)や白いきつねに乗ってやって来る。


男女パートナーで祀られているのが望ましい姿。


女神が宇宙の豊かさエネルギーをもたらし、男神がそれを物質化する。


参考:神との対話


噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)



それでは、妄想のまとめに入らせて頂きます。


1.稲荷信仰の本質は、吒枳尼天であり女神信仰である。


2.伊勢神宮外宮に祀られている豊受大御神と吒枳尼天は同一神。


3.伊勢神宮内宮の天照大御神は男神である。


4.古代エジプト王家と古代天皇家は同一神信仰である。


つまり、トヨウケ神をアマテラス神と思い込まされていた様です。


日月(ひつき)とは、日本とエジプトを意味しているのかも知れませんね。

ツキヨミ神についての続編は、今暫くお待ち下さい。


日本列島大荒れ模様ですが、良い週末をお過ごし下さい。

.

.







関連記事
スポンサーサイト

コメント

§ 1 ■初コメです

いつも勉強になる記事をありがとうございます。
私も無知ながら、古事記やら歴史を読んでいますが
なーにか、ひっかかる感じがします。
それが何かはじぇんじぇんワカラナイのですが・・(笑)

今回の記事を読み、女神(ツキヨミ)を隠すコトで
人間の思考を、二次元
(太陽と地球、アマテラスとスサノオ)
にさせる為ではないかと思ってしまいました。

人は智恵があり、現在三次元までの考え方が
できますが、三次元どまり・・・・

古代は最初から、三次元
(太陽と月と地球、アマテラスとツキヨミとスサノオ)
昔はいつでも四次元の扉を開けたのでは?

二極化(陰陽)にするには
アマテラスが女でないと
二極化(男女)にしなければ
辻褄があわないからでは???

っと思ってしまいました。
スイマセン、私の勝手な妄想で・・・

これからも更新楽しみにしております。
次回の“ツキヨミ”も超楽しみです。o(^▽^)o

§ 2 ■多次元思考

風子さん、コメントありがとうございます。
確かに、陰陽二極論だけに捉われていては真理には到達できませんね。

ツキヨミ神が月の女神ならば、ツキヨミを支える男神がいなくてはなりません。

あくまでも女性を支えるのが男性の役目であるのです。

さすれば、真の太陽神は?

検証中ですが、太陽神は別に女神がいるのかもしれません。

ヒントはエジプトにあると思っております。

謎が解けると、スサノオのポジションも明確になってくると思います。

豊受大御神も女神であり、ツキヨミの系統です。
支えている男神が、アマテラスと思われます。

それと、太陽・月・地球以外の太陽系惑星にも重大な意味があります。

こちらの方も少しずつ謎解きを進めたいと思います。

だんだん風が強くなってきました^^

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

kenshin_bishamonten

Author:kenshin_bishamonten
BLOGZINE版及びアメブロ版読者の皆様へ

アメブロ版のミラーブログでしたが、諸般の事情により2013年9月以降新規更新はFC2版にて行います。
今後とも宜しくお願い致します。

毘沙門天謙信

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
フォローお待ちしております
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
3位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

煩悩くん フルスロットル

高度自給自足時代の夜明け 【先進国の未来像】

MAGICA魔法入門カバラ~真を見抜く法

朝霧の中で
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。